UbuntuでIPv6を無効にする方法

UbuntuでIPv6を無効にする方法

It's F.O.S.S.は5月21日(米国時間)、「How to Disable IPv6 on Ubuntu Linux」において、UbuntuにおいてIPv6を無効にする方法を紹介した。あわせて、機能を戻したくなった場合に備えてIPv6の機能を有効にする方法も紹介している。ただし、Ubuntuでが起こっていることを理解しているアドバンスドユーザーであることが前提の内容とのこと。

紹介されている方法は次のとおり。
○IPv6が機能しているかどうかを確認する方法

ip a

○IPv6を無効にする方法

sudo sysctl -w net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1
sudo sysctl -w net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1
sudo sysctl -w net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6=1

○IPv6を有効にする方法

sudo sysctl -w net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=0
sudo sysctl -w net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=0
sudo sysctl -w net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6=0

上記の方法はシステムを再起動すると元に戻ってしまうため、永続的に設定を利用したい場合は、次の設定を/etc/sysctl.confファイルに追加する必要がある。
○IPv6を無効にする設定 - /etc/sysctl.confに追加

net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1
net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6=1

○IPv6を有効にする設定 - /etc/sysctl.confに追加

net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=0
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=0
net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6=0

設定を有効にするには、システムを再起動するか、次のようにsysctlコマンドを実行すればよい。

sudo sysctl -p

記事ではこの方法以外にも、起動時にカーネルにパラメータを渡すことでIPv6を無効化する方法を紹介している。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索