Oracle WebLogic Serverに脆弱性、アップデートを

Oracle WebLogic Serverに脆弱性、アップデートを

JPCERTコーディネーションセンター(Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center:JPCERT/CC)は6月19日、「Oracle WebLogic Server の脆弱性 (CVE-2019-2729) に関する注意喚起」において、Oracle WebLogic Serverに脆弱性が存在すると伝えた。この脆弱性を悪用されると、遠隔から攻撃者によって任意のコードが実行される危険性がある。

脆弱性が存在するとされるバージョンおよびプロダクトは次のとおり。

Oracle WebLogic Server 12.2.1.3.0
Oracle WebLogic Server 12.1.3.0.0
Oracle WebLogic Server 10.3.6.0.0

脆弱性が修正されたプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

Oracle WebLogic Server 12.2.1.3.0
Oracle WebLogic Server 12.1.3.0.0
Oracle WebLogic Server 10.3.6.0.0

JPCERT/CCはパッチを適用した場合は対象プロダクトを利用するほかのアプリケーションが正常に動作しなくなる可能性もあるとし、利用するアプリケーションへの影響を考慮した上でアップデートを実施することを推奨している。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索