Raspberry Pi 4とRaspbian、提供開始

Raspberry Pi 4とRaspbian、提供開始

Raspberry Pi Foundationは6月24日(米国時間)、「Raspberry Pi 4 on sale now from $35 - Raspberry Pi」において、Raspberry Pi 4の販売開始を発表した。もっとも廉価なモデルで35米ドルからとされている。掲載されているモデルおよびスペックは次のとおり。今回のモデルはメモリサイズを1GB、2GB、4GBから選択できるようになっている。

Raspberry Pi Foundationは、Raspberry Pi 4をサポートするため、リリースが予定されているDebian 10 Busterをベースに開発されたRaspbianソフトウェアの出荷も開始したと説明。同ソフトはオーバーホールが実施され、新たなアプリケーションが導入され、ユーザーインタフェースも改善されている。

Raspbianは「Raspberry Pi Downloads - Software for the Raspberry Pi」からダウンロード可能。記事では、既存の環境からアップグレードするのではなく、新たにイメージをダウンロードしてきて利用することを推奨している。その場合、先にバックアップをとっておくことを忘れないようにとアドバイスしている。

Raspberry Pi 4は電源コネクタがUSB micro-BからUSB-Cに変更され、電流が500mAほど以前のモデルよりも余裕が生まれている。また、デュアルディスプレイに対応するためにHDMIコネクタがフルサイズからマイクロサイズに変更されている。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索