NTTスマートコネクト、「スマートストレージ」の新プラン

NTTスマートコネクト、「スマートストレージ」の新プラン

NTTスマートコネクトは9月18日、同社のクラウド型ストレージサービスである「スマートストレージ」の新たなプランとして、オンプレミスやパブリッククラウドからの閉域接続、月額固定料金制などの特徴を持つという「セキュアオブジェクトプラン」を発表した。提供開始は2019年11月の予定、具体的なプランと料金はサービス提供前に発表予定としている。

新プランは、Rest API (Amazon S3互換)のインターフェースを持つというオブジェクトストレージ。

保存可能容量無制限、広帯域送受信(最大10Gbps)、コントロールパネル(アップロード・ダウンロード操作)など一般的なオブジェクトストレージサービスの機能に加え、ハイブリッド・マルチクラウドのデータ流通のより安全・高速な実現、月額固定料金制の採用によるストレージコストの削減、オンプレミス(ネットアップのストレージ)からの容易なクラウドアーカイブの実現といった特徴があるという。

ハイブリッド・マルチクラウドのデータ流通に関して、同プランへの接続には、ユーザー企業の拠点からのプライベート接続またはAWS・Microsoft Azureなどのパブリックサービスからのダイレクト接続を利用できるという。

より強固なセキュリティ対策が必要なユーザー企業は、セキュリティ装置によるマルウェア対策機能(有償オプション)や専用型オブジェクトストレージなどのラインナップも選択可能とのこと。

同プランは月額固定料金制を採用しており、データ保存容量に応じた課金を行うとしている。データ転送量や処理数などによる課金は発生しないという。

オンプレミスからのクラウドアーカイブに関しては、同プランのオブジェクトストレージはネットアップが提供する「StorageGRID」を採用しており、同社が提供するストレージOSである「ONTAP」のコールドデータを利用でき、オートアーカイブを実現するという。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索