キヤノンMJ、中小企業向けハイブリッドストレージサービス

キヤノンMJ、中小企業向けハイブリッドストレージサービス

キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は10月21日、中小オフィス向けIT支援サービス「HOME(ホーム)」の新サービスとして、ハイブリッドストレージサービス「HOME type-SL(ホーム タイプエスエル)」を同29日から提供すると発表した。価格は通常版が初期費用34万8000円(税別)、月額利用料が6000円(同)、5年パックが65万8000円(同)。

新サービスはSSD搭載のローカルストレージ「HOME-BOX Local」とクラウドストレージ「HOME-BOX2」がシームレスに連携し、共有領域(200GB)とバックアップ領域(300GB)を提供する。

クラウドサービスの拡張性を合わせ持ちストレージ領域の拡大も可能なため、社内利用の際にはHOME-BOX Localにキャッシュされたデータ(最大150GB)に直接アクセスすることで快適なレスポンスで利用できるという。

データはリアルタイムで同期され、外出先やリモートワークでも社内とのタイムラグのないデータ共有を実現しており、クラウド上の共有データは複製保管されると同時に、社内外問わずWindows PCのバックアップも3世代分自動取得されるため、BCP(事業継続計画)やランサムウェア対策にも有効だとしている。

運用面では「HOMEコンタクトセンター」がHOME-BOX LocalのCPU/SSDの稼働状況やHOME-BOX2との連携をリアルタイムで監視し、故障や予兆も迅速に対応するほか、ランサムウェア感染などでデータの復旧が必要となった場合のリカバリー支援をはじめとした見守り型支援サービスを提供するという。

同社は、新サービスをグループの直販部門やビジネスパートナーの販売チャネル経由で提供し、クラウドビジネス強化の一環としてHOMEを展開することで2022年までに累計7万社の契約を目指す。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る