トヨタのコンセプトカー「LQ」、デンソーとJOLED共同開発の有機ELを搭載

トヨタのコンセプトカー「LQ」、デンソーとJOLED共同開発の有機ELを搭載

東京モーターショー2019のMEGA WEB会場で開催される「FUTURE EXPO」に展示される予定のトヨタ自動車の新しい移動体験を提供するコンセプトカー「LQ」。これに、JOLEDとデンソーが共同で開発した車載用フレキシブル有機ELディスプレイが、メーターとして組み込まれたことをJOLEDが明らかにした。

JOLEDのフレキシブル有機ELディスプレイは、印刷法を採用することで、有機ELの自発光や高コントラストといった特長に、薄型、軽量、そして曲げられる、といった特長を付与するほか、真空蒸着など複雑なプロセスを必要としないため、生産工程をシンプルにすることができ、かつ多様な画面サイズに対応可能として、さまざまな分野での活用が期待されている。

今回デンソーは、こうした印刷法による有機ELディスプレイの特長を生かし、従来にないメーターデザインを実現。コンセプトカーが提案する革新的で意匠性の高い室内空間の実現に寄与したという。

また、LQはAIエージェントと自動運転を組み合わせることで、新しい移動体験を提供することを目指したコンセプトカーで、2020年に開催される東京五輪の聖火リレーの隊列車両やマラソン競技などの先導車として数台が導入される予定のほか、大会期間中は東京・台場ならびに豊洲周辺で体験試乗会が開催される予定だという。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る