時給88円で働く介護ロボット「SOWAN」、高山商事とテムザックが開発

時給88円で働く介護ロボット「SOWAN」、高山商事とテムザックが開発

高山商事とテムザックは11月18日、共同開発した自動駆け付け介護ロボット「SOWAN」(ソワン)を発表した。介護施設での使用を想定した自律走行型のロボットで、夜間の巡回などを行い、職員の負担を軽減することができるという。月額6万6000円(税別)からという、導入コストの安さも大きな特徴だ。

高山商事は、介護関連の事業を行うために、2010年に設立された。同社の高山堅次 代表取締役は、現在の介護業界の大きな問題として、「人手不足」をあげる。2000年に介護保険制度が始まり、各業界からの新規参入も相次いだが、「介護保険料の低下などにより、収益の悪化が見られる状況」(高山氏)だという。

人手不足の背景には、この厳しい経営状況がある。給料を上げられないから、人が増えない。人手が足らないから職員の負担が大きくなり、離職が増えた結果として、さらに人手不足が悪化する。まさに悪循環だ。今後、少子高齢化がさらに進行すれば、人材確保はこれまで以上に難しくなることが予想される。

高山氏は、離職が止まらない現状について、「業務のストレスが原因」との見方を示す。介護は日常生活をサポートする仕事のため、日中だけでなく、夜間の見守りなどもあるが、「ナースコールが押されて駆けつけると、呼んでないよと言われることもある」という。緊張感の中でこういうことが続けば、誰だって疲れてしまう。

そこで同社は、ロボットの導入を検討。テムザックにアプローチして、共同開発をスタートさせた。「人手で無くても良い業務」は何かを考えたところ、「巡回・見守りなら良いのでは」という結論になったという。ロボットの導入により、職員の負担を軽減できるほか、コストの削減も期待できる。

SOWANで主に想定されているのは、職員の負担が特に大きい夜間の巡回業務だ。SOWANは、導入時に一度施設内を巡回させることで、マップを自動作成。その後は、自動で巡回することができる。居室の引き戸には、自動開閉装置「ポルテア」を設置しておき、SOWANが指示を出すことで、自動的に開閉する仕組みだ。

活動量計との連携も可能。入居者の手首に装着した活動量計により、心拍数を常時モニター、設定した値を超えるとアラートを出し、SOWANが自動で駆けつける。職員は管理室から、SOWANの映像を見ながら、SOWANを通じて声をかけることもできる。

室内にカメラとマイクを設置しても同様のことはできるが、それだと「監視」になってしまう。ロボットであれば、駆けつけたときのみ撮影することが明確なため、監視にはならず、入居者のストレスを下げられるメリットがあるという。

オプションとして、顔認識機能も用意。巡回中に、認知症による一人歩き行動がある入居者を見つけたときには、部屋に戻ってもらうよう声をかける。転倒者を見つけたら通報する機能や、自動充電の機能も、オプションとして提供する。

SOWANの外観は2種類を用意した。タイプIは女性型の外観だが、夜間の巡回で気味が悪いという場合には、無機質なタイプIIを選ぶこともできる。違うのは外観だけで、機能はどちらも同じ。

SOWANの身長は136.5cm(タイプI)/136.0cm(タイプII)、重量は約60kg。センサーとしては、全方位LIDARを搭載しており、これでマッピングや衝突回避を行う。約7時間の充電で、約20時間の稼働が可能。夜間のみの運用なら途中の充電は不要だが、自動充電機能を付ければ、昼間も継続的に利用することができる。

基本プランには、自動巡回、活動量計、自動駆けつけ、自動引き戸開閉などの機能が含まれ、リース料は月額6万6000円(税別)。これは"時給"で計算すると、わずか88円という安さだ(66000÷24時間÷31日で計算した場合)。高山氏は、「時給88円という低コストがコンセプト。シンプルなので誰でも使える。介護業界の救世主になる」とアピールする。

基本プランのセット内容としては、SOWAN本体、制御PCのほか、ポルテア×10台、活動量計/タブレット端末×10セット、管理用スマートフォン、活動量表示PCなどが含まれる。なおオプションとしては、顔認識・声かけ、自動充電、転倒者検知・通報などの機能があり、全てを付けたときの月額は14万5000円程度になる予定とのこと。

高山商事のWebサイトで同日より受付を開始しており、2020年6月に、初回分の100台を納入する計画。同社はSOWANで3,000台の販売を見込んでいる。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る