スパコンTOP500、増える中国のインストール数 - 日本は3位

スパコンTOP500、増える中国のインストール数 - 日本は3位

TOP500 Supercomputing Sitesは11月18日(米国時間)、「China Extends Lead in Number of TOP500 Supercomputers, US Holds on to Performance Advantage|TOP500 Supercomputer Sites」において、第54回目のTOP500スーパーコンピュータリストを発表した。

HPL (High Performance Linpack)計測の総パフォーマンスは上昇を続け、今回の発表で1.65エクサフロップスに到達している。なお今回、リスト上位10の変動はなかった。

日本からは産業技術総合研究所(AIST: National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)のAI橋渡しクラウド(ABCI: AI Bridging Cloud Infrastructure)が8位につけた。AI橋渡しクラウドは人工知能処理向けの計算インフラストラクチャ。富士通が開発したシステムで、Intel Xeon GoldプロセッサとNVIDIA Tesla V100 GPを搭載し、HPL (High Performance Linpack)で19.9ペタフロップスの値を出している。

TOP500にエントリされるスーパーコンピュータの数は中国が増加を続けている。半年前は219だった中国のインストールベースは、今回のTOP500で227まで増加している。逆に、米国のインストールベースは118とこれまでで最も低い。ただし、米国のスーパーコンピュータは大規模なものが多く、総パフォーマンスでは米国が38.4%で最も多く、これに中国が29.9%で続いている。

米国および中国から大きく引き離されるが、TOP500におけるシステム数では日本が29で3位につけている。これに18のフランス、16のドイツ、15のオランダ、14のアイルランド、11の英国が続き、これ以下はすべて1桁となっている。


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る