Fossbytesは1月14日(米国時間)、「Windows 7 Is Officially Dead: Here's What To Do Next?」において、2020年1月14日をもってWindows 7のセキュリティサポートが終了したこととともに、Windows 7を使っているユーザーに対し、サポート終了後に実施すべき対処や今後の指針を伝えた。

最終的にはセキュリティサポートが提供されている他のオペレーティングシステムに移行することを推奨しているが、Windows 7を移行するまでの緩和策なども取り上げている。

記事で紹介されている緩和策や移行先などの指針は次のとおり。
○セキュリティの強化

サポートが提供されているウイルス対策ソフトウェアを使用する
ファイアウォールをセットアップして内部への侵入を防止(サードパーティ製ファイアウォールの利用も検討)
サードパーティ製ソフトウェアを常に最新のバージョンへアップグレード
不明なソースからのファイルのダウンロード、不明なリンクのクリック、オンラインでの支払い、インターネットバンキング・サービスへのアクセス、不明なUSB周辺機器の接続などを自粛

○有償サポートの検討

Windows 7 ProまたはWindows 7 Enterpriseを利用している企業顧客に対しては有償のサポートサービスあり。最大で3年間の拡張セキュリティアップデート(ESU: Extended Security Update)の利用が可能

○OS移行

ただし、「別のオペレーティングシステムに移行する」または「Windows 7を使い続ける」という選択肢も、決定はユーザーにゆだねられるものと説明している。