白馬村観光局 、KDDI、京セラ、シンガポールRed Dot Droneの4者は1月15日、FWTジャパンの協力の下、1月18日から1月25日に開催予定のフリーライドスキー・スノーボード世界選手権である「Freeride World Tour Hakuba Japan 2020」において、滑走する選手の映像と速度・高度・位置などのデータを組み合わせて大型モニターにリアルタイム表示する新たな観戦体験を提供すると発表した。選手の滑走データの可視化により、観客は選手のパフォーマンスやレースの比較をより分かりやすく体感できるという。

今回の大会では、標高約2000メートルの雪山を4G LTEネットワークでエリアカバー。

雪山を滑走する選手の位置情報を基にドローンが自動追尾・撮影した映像と、選手が持つ京セラ製スマートフォンである「TORQUE G04」から取得する滑走データを組み合わせた映像を、会場内の大型モニターに伝送する。

大会の映像は、インターネットスポーツメディアである「SPORTS BULL」やスポーツテレビ局である「J SPORTS」にも配信するという。

各者の役割は、白馬村観光局が、今回の取り組みへの協力支援、KDDIが同大会における新たな観戦体験の企画・推進、ライブ中継のための4G LTEによる通信環境整備、SPORTS BULLやJ SPORTSにおける同大会の配信調整、京セラが、TORQUE G04の端末提供及び、センサー情報 (速度・高度・位置) を取得する技術協力、RDDが、ドローンがGPS情報に基づき自動追尾する機能の提供、ドローンが自動追尾し空撮した映像をリアルタイムにサーバへ配信する機能の提供、センサー情報を独自に開発したアプリから取得してドローンで空撮した映像へリアルタイムに滑走データの表示を行うシステムの提供を、それぞれ行う。

FWTジャパンは、今回の取り組みへの協力支援、FWTのドローン撮影チームと合同で空撮映像の撮影、全世界に放送する映像での使用を担う。