ニワカソフトが運営するRoboMaster日本委員会は、2020年3月20日〜22日の期間、京都府と共同で「けいはんなロボット技術センター」にて学生エンジニア向けロボットバトル「RoboMaster 2020 Japan Open」を開催することを発表した。

同大会の上位入賞チームには、DJIが主催する次世代ロボコン「RoboMaster 2020国際予選」に出場するための本部審査を受けるための委員会推薦を得ることができるという。

日本での開催は初めてとなる今回、日本各地から以下の6チームが参加する予定となっている。

蝦夷羆(北海道)
OOEDO SAMURAI(関東)
NAGOYA SHACHIHOKO(中部)
Scramble(関西)
Setouchi Salamander(中・四国)
FUKUOKA NIWAKA(九州)

なお、一般公開日は3月21日となっており、当日は9時30分ごろから試合を一般公開する予定。入場料は無料で、予約不要で入ることができるという。


また、日本委員会では、同大会に協賛してもらえるスポンサー企業も併せて募集していくとしている。