エアバスは2月11日、アジア最大級の航空見本市「シンガポール・エアショー」において翼と胴体を一体化させることで、燃費向上や搭載量の増加などを可能とするブレンデッドウィングボディ(BWB)のスケールモデル実験機「マヴェリック(MAVERIC:Model Aircraft for Validation and Experimentation of Robust Innovative Controls)」を披露した。

機体サイズは長さ2m×幅3.2m、表面面積は約2.25m2で、既存の単通路型機と比較して燃費を最大20%を削減する可能性を備えるほか、新形状による推進システムや一体化設計によって、多様な客室の実現も期待できるとしている。

なお、マヴェリックは2017年より研究開発を開始。2019年6月に初飛行を実施、飛行試験を2020年第2四半期末まで行う予定としている。