●矢野顕子、宇宙飛行士訓練の聖地に立つ
宇宙飛行士訓練の聖地、NASAのジョンソン宇宙センター

「宇宙に行きたい!」という目標に向かって、彼女ほど真剣なミュージシャンがいるだろうか。

矢野顕子さんは宇宙好きが高じて2015年に「Welcome to Jupiter」、2018年に「When We're In Space」など宇宙に関する楽曲を次々発表。NASAの宇宙情報をまめにチェックし、Twitterでわかりやすく発信(特に宇宙飛行士情報には超詳しい)。私が書いた記事を読んで、埼玉の病院までプラネタリウムを見に来て下さったこともあった。そして極めつけは、宇宙飛行士訓練に水泳が必須と知り、金づちだったにも関わらず水泳を習い始めたこと。今では数百mを楽に泳ぐという。果てしなく遠かった「宇宙」というゴールを、着実に引き寄せるその行動力、恐るべし。

そんな矢野さんがついにNASAへ。目的地は米国テキサス州ヒューストンにある「NASAジョンソン宇宙センター(JSC)」。世界の宇宙飛行士たちは、必ずここを訪れ宇宙を生き抜く術を身に付ける「宇宙飛行士訓練の聖地」。日本人宇宙飛行士も宇宙飛行が決まるとJSC近辺に住み、身体に宇宙を刻み込む。さらに、2021年後半にも国際宇宙ステーション(ISS)への民間宇宙飛行が実現! などのニュースが相次ぎ、民間宇宙飛行士もここNASAで訓練を受けると聞く。

劇的な変化の最中にある「宇宙の街」ヒューストンで矢野さんが何を見て、何を想うのか。矢野さんは、そして私たちは宇宙に行けるのか? その取材の様子をお届けする。

中は宇宙。宇宙飛行士訓練用ISS実物大模型が並ぶ「ビルディング9」

NASAは広い。約100棟の建物の中で今回、目指すのは「ビルディング9(Bldg.9)」。ここには国際宇宙ステーション(ISS)の実物大模型が鎮座する。NASAだけでなく、ロシアや日本、欧州の実験棟、さらに現在開発中の宇宙船の実物大模型も用意されている。ISS居住棟はすべて合わせるとジャンボジェット機約1.5倍分の容積にもなる巨大な施設。そのすべてを備えているのは世界でここだけ。宇宙飛行士たちは様々な場面を想定し、訓練を繰り返す。

2月14日、ヒューストンに到着した後、すぐにNASA・JSCへ。ゲート近くでプレスバッジを受け取り、エスコート役のジャネットさんの車でBldg.9へ。ビルへ入るにも厳重なセキュリティがあるのかと思いきや、NASA広報歴数十年のジャネットさんはマイボトル片手に裏口的? なドアにIDカードをかざし、さくっと中へ。

細長い通路をジャネットさんに続いてずんずん歩いて行くと…

NASA見学の目玉としても知られるこの施設の役割は?

キター!! 宇宙飛行士が迎える大空間。

ISSから火星へ! 宇宙飛行士たちが出迎えてくれました!!

そして、世界唯一であるこの施設を知り尽くした方が、私たちを案内して下さることに。スティーブ・リレイさんは宇宙飛行士訓練施設(SVMF=Space Vehicle Mockup Facility)の副施設長。NASA勤務歴24年。「元々は管制センターでロボティクス担当として働いていました。若田飛行士の訓練もサポートしましたよ」。

スティーブさんは「今日はバレンタインだから」とチョコレートを配りつつ、SVMFについて話し始めた。「この施設の主な目的は宇宙飛行士の訓練や技術の評価。またISSで何かが壊れた時に、技術者や管制官がISSのリアルな状況や改善点を把握することです」。

宇宙飛行士訓練の目的は主に2つ。「まず、ISSがどういう環境かを知り、慣れること、そして緊急事態の対処です」。ISSの緊急事態は火災、急減圧、空気汚染の3つ。「ここには火災を模擬して煙をたく『煙発生器』があります」とのこと。

「宇宙飛行士は緊急時でも自分が宇宙に来た船で地上に帰らないといけません。煙が発生したときに、どこが火災の発生源か突き止め、どちらの方向に行けばいいか、酸素マスクはどこにあるか。地上で訓練しておくのです」

宇宙飛行士が緊急時にどんな判断を下し、ISS実物大模型の中をどう動くかは複数のテレビカメラでモニターされていて、訓練後に多数の訓練担当者から評価される。テレビで見たことがあるが、相当シビアな訓練である。「Soichi(野口聡一飛行士)が今年、宇宙に行く前にもきっとここで緊急時訓練をするから是非来ると良いわ」。ジャネットさんがウィンクする。

前置きはこのくらいにして、さっそくISSの中へGO!

●ISSの内部をくまなく体験!
長期滞在先駆者の歴史と誇りが感じられるロシアンモジュール

まず、案内されたのは、2000年から20年間宇宙飛行士が暮らす、ISSで最も初期のロシアのサービスモジュール「ズヴェズダ」(ロシア語で『星』)へ。築20年の宇宙の「母屋」とも言うべき場所だ。

中に入ると、ISSがずっと先までつらなっている様子が一目瞭然!

「ISSは(最後尾の)ロシアンモジュールから(先端の)アメリカのハーモニーモジュールまで約150フィート(約46メートル)あります。先端までの遠さやISSの広さを実感することができます。緊急事態で、ロシアンモジュールにドッキングしているソユーズ宇宙船に乗り込まないといけない場合、どのくらい移動しないといけないのか、体感することが可能になります」(スティーブさん)

なるほど、火災が起こり煙でよく見えない時でもどのくらいの距離を移動すれば、どこに行けるか、前もって把握しておくことが必要だ。「(この施設では)知識に加えて、『判断』を訓練するわけですね」納得する矢野さん。

「ズヴェズダ」モジュールには窓付きの個室がある。「アメリカンモジュールのベッドルームには窓がないので、ロシアンモジュールで寝れば、窓から地球を眺めることができますよ」(スティーブさん)

ロシアと日本やアメリカのモジュールとは内装がかなり違うよ、と某宇宙飛行士さんから聞いていた。よく見ると、ロシアンモジュールの壁には、カーペットがはられている。スティーブさんによると、実際の雰囲気と似ているという。

「カーペットのメリットはなんですか?」矢野さんの問いに「いい質問だね!」とスティーブさん。

「まずジョークから言わせてほしい。1960年代、NASAは無重力で使えるペンを莫大な資金をかけて開発しました。一方、ロシアは鉛筆を使ったんです。約30年後、ISSを建設するにあたって騒音を下げる協定をNASAとロシアが結びました。NASAは再び費用を投じて音を抑える機械を開発。一方、ロシアの工夫の1つがカーペットだったのです」

「ズヴェズダ」には窓付きの個室があり、ダイニングテーブルがあり、壁もあったかい感じで、宇宙のハイテク感というよりは、「おばあちゃんの家」という感じ。20年間にわたって宇宙で暮らした飛行士たちの生活を、その汗や匂いと共に記憶しているのだろうなぁ…と想像する私たち。

ISS最大のモジュールは日本の実験棟「きぼう」

次はいよいよ、われらが日本の実験棟「きぼう」へ。「きぼう」はロシアンモジュールから最も遠く、ISS進行方向の一番前にある。

「きぼう」内部に入った時の第一印象は、「広い!」「明るい!」

「『きぼう』はISSで最大のモジュールでカーペットはありません(笑)。まるでISSのモデルルーム。綺麗で散らかっていません。そのため宇宙と地上を結んだ記者会見やインタビューは頻繁に『きぼう』で行われます」

スティーブさんは続ける。「照明にも工夫があるんですよ。ISSの中は無重力状態だからどこを天井にしてもいいのですが、新人宇宙飛行士が宇宙生活に早く慣れるように、天井を決めて、天井側にライトを設置しているんです」 

確かに、「さぁ、どこでも好きな方向で使って」と言われても混乱するに違いない。地上と実験装置についてやりとりする時だって、上下を決めておいたほうがやりやすいはず。

●新型宇宙船がドッキングする「ハーモニー」モジュールへ
さまざまなモジュールがつながる「ハーモニー」モジュール

そして「きぼう」の隣、ISSの進行方向最先端に位置するアメリカの「ハーモニー」モジュールへ。ここは現在、開発中の民間宇宙船が2020年中にもドッキングすると期待される注目の場所。日本の貨物船「こうのとり」などもドッキングしている。

ISSの最前部にある「ハーモニー」には多数のモジュールが連結している。PORT(左舷)側には「きぼう」、STBD(スターボード、右舷側)には欧州実験棟「コロンバス」(PORTやSTBDなど船舶用語が使われている。ISSは船なんですね)。そして最前部のハッチ(扉)に開発中の民間宇宙船、つまりスペースX社のクルードラゴンやボーイング社のスターライナーがドッキング予定だという。

実際は、ハッチの外側にPMA(与圧結合アダプタ)というドッキング機構が取り付けられ、そのトンネルをくぐって宇宙飛行士は「ハーモニー」のハッチにたどり着く。PMAの中に入ることはできなかったが外観を見せて頂いた。

ハーモニーも宇宙飛行士の個室を備えている。ただし窓はない…。

ISSの広さを体感

どの部屋にもコミュニケーションシステムがあり、ヒューストンやモスクワ、筑波など世界各地の管制センター、ISS内外と連絡を取り合うことができる。回ってみて実感したが、ISSはかなり広い。各国の実験棟がそれぞれバス1台分ぐらいの広さがあり、倉庫モジュールなどもある。「きぼう」で1人実験をしていると、数十メートル離れたロシア棟にいる仲間に話しかけるのも、楽ではない。

ISSは地球の周りを周回し続ける巨大な潜水艦のようである。宇宙飛行士が交替したり、物資を届けたりするために、様々な宇宙船が訪問する。次はそれら宇宙船を見せて頂いた。

●ソユーズからオライオンまで、さまざまな宇宙船の違いを体感
ロシアの宇宙船から新型宇宙船へ

まずは、現在ISSと地上を往復する唯一の足である、ロシアのソユーズ宇宙船。スティーブさんによると25年前に飛行した実物を訓練用に使っているとか。

「宇宙飛行士は打ち上げ約3時間前にソユーズ宇宙船に乗り込み、ひたすらその時を待ちます。発射されると体重の3〜4倍の重さが身体にのしかかります。9分以内に宇宙に到着。今は最短で発射後6時間でISSにドッキングしますが、以前は2日間かかりました。ソユーズ宇宙船は3つのモジュールが連なっていて、トイレや食料は別モジュールにあります。そこで食事をとったり寝たりします。ISSにドッキングすると狭い宇宙船から急に広い空間に到達するわけで、劇的な変化です」

そして現在開発中の新しい宇宙船のコーナーへ。SVMFには「ORION(オライオン)」コーナーができていた。オライオンは宇宙飛行士を月や火星に送る有人宇宙船だ。NASAがロッキード・マーチンに発注し、開発が進められている。

でんと鎮座するオライオン宇宙船は、まるで「おむすびころりんみたい」と矢野さん。

「スペースシャトルが引退して9年。NASAはオライオン宇宙船を開発中で、これは宇宙飛行士が乗り込む部分の訓練機です。外部は断熱材パネルもありませんが、内部は実際のオライオンと同じ操作パネルやシートが使われ、非常にリアルに作られています」とスティーブさんの説明に熱が入る。

「宇宙飛行士は宇宙服を着て中に入り、ドアを閉めて打ち上げに備えて準備をします。異常事態が起こった場合を想定して、どれだけ早く出られるかを訓練するのです。

以前はそのような訓練はフロリダ州のNASAケネディ宇宙センターに行く必要がありましたが、ここヒューストンで訓練できるようになりました」。

オライオンはタッチスクリーンとボタンを併用

「オライオン宇宙船は今後、無人で約21日間の月周回飛行を行う予定です。将来的には、月の周りを周回する宇宙ステーション『ゲートウェイ』まで宇宙飛行士を運び、宇宙飛行士は月着陸船に乗り換え、月面に着陸する計画です。ソユーズ宇宙船と比べると、ロールスロイスみたいでしょう? とてもラグジュアリー(豪華)です」

オライオンのコントロールパネルは、多数のスイッチが並んでいたスペースシャトルやソユーズ宇宙船のそれとは明らかに異なっていた。だがスペースX社の宇宙船クルードラゴンはタッチスクリーンパネルを採用していると聞く。「タッチスクリーンを採用していますか?」と尋ねると、「スペースXが何をしているか知りませんが(笑)、オライオンも採用しています。でもタッチスクリーンだと、クリティカルな操作の時に間違えることがありますよね。燃料の噴射などを間違えると大変なことになるので、重要な操作は古いタイプのボタンを採用しています」(スティーブさん)

オライオンの隣には、ボーイング社が開発中の新型宇宙船スターライナーが! ISSに宇宙飛行士を運ぶ予定で開発が進められている。だが残念ながら内部を見ることはできなかった。

ここ、JSCで訓練中のスターライナー内部の様子はWebの画像からどうぞ。

宇宙船によってデザインはどう異なるのか気になるところ。スティーブさんによると「オライオンとスターライナーの最大の違いは、放射線防護です。オライオンは月に行くので(宇宙空間の)放射線防護を考える必要がありますが、ISSと往復するスターライナーは、それほど放射線防護を気にしなくていい」
スターライナーとクルードラゴンの違いは?

では、ISSに向かう2つの民間宇宙船スターライナーとクルードラゴンとの違いは?

「NASAがデザインしてロッキード・マーチンが作ったのがオライオン宇宙船。一方、スターライナーとクルードラゴンについてはNASAの要求を満たせば、彼らが独自にデザインすることをNASAは許しています。車で言えば『トヨタ』と『マツダ』の違いみたいなものですよね。シートやステアリングなどそれぞれに個性があります」。

宇宙旅行で個性の違う宇宙船を選べるようになったら、楽しそうだ!

●NASA観光から宇宙観光の時代に、いつ普通の人も宇宙に行けるようになるのか
「Whole New World」、時代は民間宇宙開発へ

1時間強にわたり、駆け足でISSや宇宙船を見せてもらった後、矢野さんと私は様々な質問をスティーブさんたちにぶつけた。

なぜ、スペースXのクルードラゴン宇宙船はここJSCにないのですか?

「スペースXがそうすると決めたのです。彼らは設計も開発も製造もすべてカリフォルニア州の工場で行っています。そのため、何か問題が起きても早く解決できます。NASAはスペースXやボーイングに彼ら自身の宇宙船を開発するように促し、購入します。彼らはNASAに宇宙船を提供すると同時に、同じ宇宙船を作ってISSや宇宙ホテルにビジネスとして打ち上げるでしょう」(スティーブさん)

「つまり、オライオンはNASAがロッキード・マーチンに作らせているけれど、スペースXは自分たちで宇宙船を全部開発し生産ラインも一括でやっていて、NASAの力は必要ないと。これまでと違うやり方ですね」と矢野さんが問いかけると、スティーブさんは「Yes! Whole New World(新しい世界なんだよ)」と笑う。

民間宇宙飛行士の訓練もNASAで実施、訓練内容は変わるのか?

最近は民間宇宙開発に関するニュースが目白押しだ。3月頭に、Axiom Space社がスペースX社の宇宙船で3人の民間宇宙飛行士を2021年後半にもISSに運ぶことを発表。さらにISSに新しい商業居住モジュールを2024年後半に建設する計画だ。また、別の企業が民間宇宙飛行士の訓練をNASAで行うことについてNASAと契約を結んだと報じられた。

急速に進むISSの民営化や商業宇宙開発のうねりについて、スティーブさんは「とても忙しいよ。ISSは今年で20周年を迎えて通常の訓練をこなしながら、多数の企業に対応しないといけない。商業宇宙開発の分野はどんどん進んでいて、それぞれ異なる分野の仕事になります。でもいいことだよ。宇宙開発のバラエティが増えて、1つの可能性がダメでも他の可能性がある。宇宙飛行士にとってもいいことだと思うよ」

では、民間宇宙飛行士の訓練は、NASA宇宙飛行士の訓練とどう違いますか?

「AXIOMの宇宙飛行や商業モジュールにしても、どのくらい滞在できるか、詳細はこれからですね。一週間程度の滞在なら、それほど長い訓練は必要ないと思います。つまり民間宇宙飛行士はユーザー(利用者)とみなされるので、食べて寝てトイレをどう使うか、基本的なシステムの理解でいい。でも月単位の滞在になると、もう少し深いレベルの訓練が必要になるでしょう。モジュールの仕組みや安全、セキュリティシステムがどうなっているか、ほかのモジュールにどんな影響を及ぼすのか、クルーは何をすべきか。どんなレベルの訓練になっても、ここJSCで訓練を行うことが可能です」

宇宙飛行士に必要なもの

訓練について、矢野さんは言葉を選びながらこんなことをたずねた。「たくさんの宇宙飛行士の中には、訓練するうちに『この人はちょっと素質がないかも〜』と思ったことはありますか?」

スティーブさんはにやりと笑いながら、しばらく考えてこう答えた。「宇宙飛行士も一般の人とそう変わりません。様々な分野で得意なことと苦手なことがあり、訓練するうちに、ある分野において、スペシャリストになるのです。

たとえば、私はメカニカルなことが好きで、車をすべてのパーツに分けてもまた組み立てられます。一方、私の16歳の娘は組み立てはできませんが、運転のスペシャリストです。チーム全員が車を組み立てられなくてもいい。医学に長けた人もいるでしょう。訓練する中で一人一人について、何が得意かを見極めて担当してもらうのです」

この答えに矢野さんは「じゃあ全員が全てにおいて、同じレベルでなくていいのですね?」とちょっぴり安心した様子。「最先端の宇宙開発でも結局は人なんですね。どういう人でどうことができるかをちゃんとみてくれる。そこが面白いですね」と。
どうやったら普通の人でも宇宙に行ける?

では、矢野さんや私たちは、どうやったら宇宙に行けるでしょうか?

「たくさんの異なる方法があります。まずは次のNASAの宇宙飛行士選抜に応募すること。それが難しいなら、ヴァージン・ギャラクティックやスペースX、ブルーオリジンなどたくさんの会社が宇宙旅行のチケットを販売しています。時間が進むにつれて、もっといろいろな手段が出てくるでしょう」

宇宙飛行士になるために最も大切なことはなんだと思いますか?

「技術的にいくら長けていても、1人では宇宙に行けません。『Good team player』であること。つまり他の仲間とうまくやっていけることが最も大切だと思います。火星への旅になれば数年間かかりますからね」

火星に人類は到達できるでしょうか?

「ロボット(火星探査機)は今年打ち上げられますね。人間が今、火星に行けるかといえば行けません。膨大な食料や水をどう運ぶかなど、課題は山積みです。でも月で練習すれば、必ず行けるでしょう。私が生きている間に行けるという自信があります。なぜなら先ほど見た、ビゲロー・エアロスペースの膨張型モジュールは、『きぼう』の与圧モジュールの約10分の1ほどに軽くできています。テクノロジーの進歩で質量を減らすことができれば、より早く、より遠くへ、効率よく行けることになります。まずは月に住むこと。それができれば、火星へ行くことも可能になるでしょう」とスティーブさんが言えば、「きっと、できるはずよ」とジャネットさんも応じる。ここから宇宙に何人もの人を送り出してきた彼らの話を聞くうち、火星有人飛行が実現可能に思えてきた。