リサーチ・アンド・イノベーションは3月23日、 同社が運営する「レシートがお金にかわる家計簿アプリCOD」に登録されたレシートと商品バーコード情報を基に集計した、3月16日から22日にかけてマスクを購入できた流通チャネルと 流通チェーンを公表した。

CODEのアプリインストール数は140万件を超え、 月間商品登録数は1700万点、 口コミなど購入者の商品評価数は累計3000万件を超えている。

直近7日間にマスクが購入されたチャネルにおいて、最も多かったのはドラッグストアだった。これに、コンビニエンスストアとスーパーがほぼ同数で続いている。

直近7日間にマスクが購入されたチェーンにおいては、ツルハドラッグが最も多かったが、第2位にセブン-イレブン、第3位にファミリーマートが入っており、コンビニエンストアも在庫確保に努めていることがわかった。

直近7日間のマスクの商品別購入数のランキングにおいては、「超快適マスク プリーツタイプ ふつう」が最も多かった。