OKIは3月23日、長野県伊那市と移住希望者の疑問にタイムリーに自動回答する「AIチャットボット」の実証実験を開始した。実証実験により伊那市への移住希望者に対する市からの情報提供、移住希望者からの相談対応などのサービス提供時の課題を解決し、伊那市のまちづくり、地域活性化に貢献していくという。

現在、伊那市では移住希望者への対応として「空き家バンクを利用した移住者への住居支援」や「移住者への補助金制度」など、さまざまな移住定住施策を実施しているが、発信するコンテンツは用意されているものの、その発信チャネルはホームページや市関係の窓口に限定され、さらに閉庁時には移住希望者からの相談受付ができない状態となっている。

そのため、移住希望者の多くは伊那市ホームページに掲載された情報しか入手できないほか、平日夜間や土日祝日は相談窓口が閉まっているために、相談できないという課題があったという。

そこで、OKIは伊那市のこれらの課題を解決するため人と自然な対話を実現するAI対話エンジン「Ladadie」を活用し、伊那市と移住希望者をつなぐAIチャットボットを開発。

移住希望者はSNSを利用して移住に関する問い合わせを行い、AI対話エンジンを搭載したチャットボットによる最適な回答を受け取ることが可能となる。伊那市は閉庁時の夜間や土日祝日を含めた24時間対応を可能とすることで、移住希望者へのサービス品質の向上を目指す。引き続き、蓄積した問い合わせ履歴を精査の上でAIチャットボットに学習させることで、質問に対する回答を充実したものとし、一層便利な利用者サービスを構築する考えだ。