KDDIとフェイスブック ジャパンは3月24日、XR技術を活用し、ネットとリアルが融合する新しいショッピング体験を実証する「フューチャーポップアップストア」を、同日より開設することを発表した。期間は2021年3月23日まで。

その第一弾として、ビューティーやライフスタイルをテーマに、AR機能を活用したトライオンや、AI店員による接客から総合ショッピングモール「au PAY マーケット (au Wowma!)」と連動した商品購入など、5G時代のショッピング体験を実証する。

フューチャーポップアップストアの訪問者は、スマートフォン上でいつでもどこからでもトライオン、商品説明、購入までの一連のショッピングを体験することが可能となっている(スマートフォンのみ体験可能)。

各社の役割は、KDDIが先端テクノロジーを活用した新しいショッピング体験の創出、パートナー企業の商品と連携するARカメラ、AI店員の共同開発、総合ショッピングモール「au PAY マーケット (au Wowma!)」の連携。Facebook JapanがSpark ARでのARカメラ開発の技術サポート、Instagramを活用した利用者体験の提供。

パートナー企業は、花王、インターメスティック (Zoff)、ニトリ、Francfranc、リビングスタイル。ショッピング体験の一例として、いま必要なメイクを診断するビューティー診断、チークを塗る位置をARでレッスンするビューティーレッスン、ARカメラでメガネのトライオン、インテリアコーディネート相談、商品にかざすと商品の周りを香りに花びらが漂う映像体験——などが用意される。