Appleは3月24日(米国時間)、iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSのアップデートの配信を開始した。このアップデートには、バグ修正や新機能の追加以外にも脆弱性の修正が含まれており、迅速な適用が望まれる。脆弱性やアップデートに関する詳細は次のページにまとまっている。

About the security content of iOS 13.4 and iPadOS 13.4 - Apple Support
About the security content of macOS Catalina 10.15.4, Security Update 2020-002 Mojave, Security Update 2020-002 High Sierra - Apple Support
About the security content of tvOS 13.4 - Apple Support
About the security content of watchOS 6.2 - Apple Support

アップデートの対象となるプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

iPhone 6sおよびこれよりも後のモデル
macOS Catalina 10.15.3
macOS Mojave 10.14.6
macOS High Sierra 10.13.6
Apple Watch Series 1およびこれよりも後のモデル
iPad Air 2およびこれよりも後のモデル
iPad mini 4およびこれよりも後のモデル
Apple TV 4K
Apple TV HD
iPod touch 7世代

アップデート後のソフトウェアとそのバージョンは次のとおり。

iOS 13.4
iPadOS 13.4
macOS Catalina 10.15.4
macOS Mojave 10.14.6 Security Update 2020-002
macOS High Sierra 10.13.6 Security Update 2020-002
tvOS 13.4
watchOS 6.2

Appleは3月18日(米国時間)、「Apple unveils new iPad Pro with breakthrough LiDAR Scanner and brings trackpad support to iPadOS - Apple」において、iPadOS 13.4においてトラックパッドおよびマウスのサポート機能を強化すると発表していた。今回のアップデートにはこの機能も含まれており、iPadOS 13.4以降ではこれまでよりもトラックパッドの扱いが向上している。