東京地下鉄(東京メトロ)は、鉄道、シェアサイクル、タクシー、コミュニティバス、航空等の多様なモビリティやサービスと連携し、東京における大都市型MaaS(Mobility as a Service)の取組み「my! 東京MaaS」を開始すると発表した。

「my! 東京MaaS」のキーワードは、「パーソナライズド」、「リアルタイム」、「更なる稠密性・連続性の追求」の3点で、多様なパートナーとの連携を通じ、東京に集う一人ひとりにとっての「移動のしやすさ」や「わたし好みの東京」の実現を目指して、様々な取組みを実施していくとしている。

具体的な取組みとして、まずは2020年7月に東京メトロアプリをリニューアルし、マルチモーダルな経路検索機能を実装。鉄道に加え、シェアサイクルやタクシー、コミュニティバスを含む経路検索ができるようになるほか、2020年度下期以降には、「移動のしやすさの追求(エレベータールート検索)」「健康応援」「ビジネス加速」「東京を楽しむ」等の取組みを推進し、東京の移動に新たな価値を共創していくという。