NECソリューションイノベータは3月26日、生産現場の様々なセンサデータを見える化する「NEC IoT センサデータ可視化サービス」を、4月1日より提供開始すると発表した。

同サービスは、多種類のセンサデータをネットワーク等の現場環境を変更することなくクラウド上に自動収集して、1つのダッシュボード上で可視化するもの。これにより、リアルタイムなデータ確認に加えて、情報収集の手間の軽減による業務効率化を支援するという。

利用者側でダッシュボードの画面表示を変更することができるため、タブレットやスマートフォンでの閲覧時により見やすく表示したり、特定のデータのみを拡大して表示したりできるなど、目的に合わせた可視化が可能だという。

また、データの可視化に必要なハードウェアやソフトウェア、回線などをまとめて提供するため、生産ラインの設備変更やネットワーク等の現場環境を変更する必要がなく、手軽にサービスを導入できるということだ。

利用料は、1セットあたり月々3万円(税別)。1セットはマルチセンサ×1台、電流センサ×1台、ゲートウェイ×1台、利用ID×1ユーザ。