Googleは4月29日、有償のビジネス向けクラウドアプリケーション群「G Suite」において提供しているビデオ会議ツール「Google Meet」をすべてのユーザーに無償で提供すると発表した。

これにより、Google Meet は、Webではmeet.google.com、モバイル端末では iOSやAndroidのアプリから利用できる。Google カレンダーを使えば、簡単にビデオ会議の設定や参加が可能。

無料版のGoogle Meetでは、会議ごとに60分の時間制限があるが、この制限は2020年9月30日までは無効。

既存の G Suiteのユーザーは、現在の契約を変更することなく、Meetライセンスが無料で追加される。

あわせて、G Suiteを利用していない組織向けに「G Suite Essentials」をリリース。同ソリューションには、Google ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドが含まれている。G Suite Essentialsは、9月30日まで無償で提供される。