Net Applicationsから2020年4月のモバイルにおけるWebブラウザのシェアが発表された。2020年4月はGoogle ChromeとSamsung Browserがシェアを増やし、Safariがシェアを減らした。Chromeのシェア増加とSafariのシェア減少は、そのままAndroidのシェア増加とiOSのシェア減少を反映したものと見られる。

Samsung Browserは2019年11月に一気にシェアを増やし、そのあとは横ばいの傾向を見せている。2020年4月は若干の増加傾向を示しており、増加を続けるのか、横ばいの継続をキープするのか、今後の動向が注目される。