NECソリューションイノベータは5月11日、定常業務の自動化による生産性の向上を通じた働き方改革を支援する「業務代行RPAロボット 派遣サービス」の提供を、同日より開始したことを発表した。

このサービスは、Excelデータの振り分けや受信したメールの内容の集約など自動化のニーズが多い業務に対応する8種類のRPAロボットから、顧客の業務に合わせて選定・チューニングし、提供するもの。

RPAを活用する場合に必要となる、ロボット開発、利用ライセンスなどを個別に購入することなく、導入後のサポートを含めて一括してサービス形式で利用できるため、個別に購入する場合と比較して導入コストを抑制することが可能。また、利用中のトラブル時にも、自動化した業務を継続できるよう、問い合わせ対応まで行うという。

また、Excelへの画面入力やデータ振り分け、メール送信、特定の言葉を使ったWeb検索など、自動化のニーズが高い業務を8パターンに分け、データ画面入力ロボ、データ振り分けロボ、ファイル振り分けロボ、データ集約ロボ、受信メール情報集約ロボ、メール送信ロボ、ファイルダウンロードロボ、WEBクローリングロボという8種類のRPAロボットをラインナップしている。

これにより利用者は、RPAロボットの開発や複雑な設定などを行うことなく、企業の業務に合わせて最適なRPAロボットを選定するとともに、他のRPAロボットを組み合わせることで、より幅広い業務の自動化に対応するとしている。

RPAロボット利用ライセンス料は、税別12万円/月〜(契約は1年単位、別途、初期設定作業費が必要)。業務詳細ヒアリングは1業務当たり税別20万円、選定したベースのロボットのチューニングは1ロボット当たり税別20万円〜。