Netcraftは6月25日(米国時間)、「June 2020 Web Server Survey|Netcraft News」において、2020年6月におけるWebサーバのシェアの調査結果を伝えた。2020年6月はMicrosoftとApacheが大きくサイト数を減らした。nginxはサイト数もコンピュータ台数も増加しており、大きくシェアを増やしている。

2020年6月はドメイン名ベースで121万の増加、コンピュータ台数ベースで14万9000台の増加が観測された。一方、サイト数ベースでは1330万減少しており、インターネットはホスト名ベースでの減少傾向を続けている。

WebサーバはMicrosoft IISが2000万サイト以上減少した。Apacheも1070万サイト減少している。一方、nginxはサイト数ベースで295万増加。コンピュータ台数ベースで11万5000台増加している。nginxは2020年6月の段階ではコンピュータ台数ベースでシェア2位だが、現在の傾向のままいくと2020年7月にはnginxがコンピュータ台数ベースでも1位になると見られる。