PayPayは6月26日、同27日から東京都の新型コロナ・テックパートナーとして「PayPay」アプリ上で「東京版新型コロナ見守りサービス」の提供を開始すると発表した。

同サービスは、ユーザーがPayPayアプリでクラスター発生情報に関する通知を許諾すると、ユーザーがPayPayを利用して決済した東京都内の加盟店舗などで新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合、ユーザーの決済履歴に基づき、PayPayから店舗名とクラスター発生日時などの情報を知らせる。

サービスへの登録の有無、クラスター発生情報の通知を行った事実を含め、ユーザーの個人情報が東京都に提供されることは一切ないという。なお、同サービスはワクチンが開発されるなど、新型コロナウイルス感染症が終息した段階で提供を終了する予定だ。

クラスター発生情報の通知を許諾する手順は(1)PayPayアプリを開き、機能一覧から「新型コロナ通知」のアイコンをタップ、(2)サービスの利用規約を読み、同意か不同意をタップ(通知の受け取りの設定はPayPayアプリ上で変更できる)、(3)同意するとユーザーがPayPayを利用して決済した店舗においてクラスターが発生した場合、ユーザーの決済履歴に基づき、PayPayから通知する。

東京都では、新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップが「ステップ3」に移行し、6月19日からは休業要請が全面解除となると同時に外出する人が増加している。同サービスによりクラスター発生時の感染リスクを早期に把握することで、ユーザー自身が保健所などへ早期相談ができるほか、他者への新型コロナウイルス感染を抑止する行動にもつなげることができるという。