PwCコンサルティングは6月29日、リモートワークに代表される働き方の「ニューノーマル(新常態)」に適応するための概念として注目されている「ゼロトラスト・アーキテクチャ」の実現支援サービスを提供開始すると発表した。

同サービスは、ゼロトラスト・アーキテクチャの導入を検討する企業に対し、実現した場合のイメージを可視化し、ゼロトラスト・アーキテクチャがそもそも当該企業の課題を解決しうる打ち手であるかを評価・判断することから支援する。

ゼロトラスト・アーキテクチャは、接続元ネットワークを問わず、一元的なプラットフォームにおいてユーザー・デバイスおよびコンテキストに基づき認証・認可を行うことで実現される。実効性のあるものとして運用できれば、社内LANに接続されていないユーザーやデバイス(社外の関係者やリモートワーカー)であっても同様の安全性を担保することが可能になり、ニューノーマルへの対応を大きく後押しすることが期待されるという。