シャープは6月30日、オフィスのネットワークセキュリティを統合的に管理するUTM(Unified Threat Management、統合脅威管理)製品である「BP-X1CPシリーズ」2機種を7月9日に発売すると発表した。

価格はオープンプライス。新製品は、オフィスで求められるゲートウェイセキュリティ対策機能を1台に集約し、中小企業におけるセキュリティシステムの導入から運用・管理までの一連業務の効率化を支援するとしている。

新製品は、ファイアウォール、IPS(侵入防御システム)、アンチウイルス、アンチスパム、URLフィルタリング、アプリケーション制御、アンチボットの7種類のセキュリティ対策機能を搭載する。

1台で多様なネットワーク上の脅威に対応できるといい、複数のセキュリティ対策サービスやハードウェアを個別に導入する手間やコストを削減し、日々の運用・管理の一元化を実現するとしている。

ベースエンジンにはイスラエルのチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ製を採用し、強力なセキュリティ対策能力と高速処理を両立したという。

また、同製品の導入企業には、検知・防御した脅威やリスクの高いアプリケーションの利用状況などを、毎月メールでレポートするサービスも提供するとのことだ。

なお同製品には、スループット速度が異なる「V80(ハイスピード)」と「V80(スタンダード)」の2機種がある。