NTTデータは6月30日、「AI開発プロセス」を策定し、2020年7月より同社が行うすべてのAI案件への試行適用を開始すると発表した。

AI開発プロセスは、AIシステム開発において必要となる役割、タスク、成果物を体系的に整理し、標準的な開発手順およびプロジェクト管理手順として定義したもの。

AI開発プロセスは、同社AI&IoT事業部を中心として同社グループ全社での300以上のユースケースをもとに策定され、実績に基づく知見を活用した開発を実現するという。

また、AIモデルや学習用データセットの構成管理、品質管理など、AI固有の管理観点が盛り込まれているため、プロジェクトにおける問題の発生を防止するとのこと。

さらに、AIシステム開発において特に重要となるデータの取り扱いに着目し、長年データ加工や統合に携わる専門家の知見を活用して、データ整理、前処理、AIモデル構築といった一連のプロセスをスムーズに実施することが可能だという。

同社は今後、AI CoEを通じてAI開発プロセスを技術者に展開し、2020年7月以降の全てのAI案件にAI開発プロセスの試行適用を開始し、AI開発プロセスに記載された内容は試行適用結果やプロジェクト傾向を受けて定期的に見直し、継続的に拡充、更新していくという。

またAI CoEの活動を通じて本プロセスを活用できる人材を育成して、2022年度末までにAIシステムの開発体制を3,000人規模に増強することで、同社におけるAI案件の推進力を強化する方針だ。