NTTドコモは6月30日、同社のネットワーク網と接続したクラウド基盤を用いたサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」のオプションとして、接続端末とクラウド基盤を直結して通信経路を最適化することで、5Gによる低遅延の通信を実現する「クラウドダイレクト」サービスを提供すると発表した。

新サービスは東京、大阪、神奈川、大分の4拠点で提供され、初期費用は1接続3万円、月額利用料は1接続3万5000円(いずれも税別)。

同サービスを利用すると、ユーザーの5G通信端末とクラウド基盤間の通信経路を最適化することで、クラウド基盤のMEC(Multi-access Edge Computing)の特徴を最大限に活用できるようになる。

また、クラウド基盤とドコモのネットワーク網をダイレクトに接続し、インターネットから分離された閉域通信を実現することで、高セキュリティな通信環境下でクラウドサービスを利用できる。

さらに、複数のクラウド基盤拠点の中から、5G通信端末の接続先の拠点を柔軟に変更することができる「ネットワーク・オン・デマンド機能」により、ユーザーの位置と物理的に距離が近い拠点に接続でき、さらに低遅延な5G通信が可能になる。

AIを活用した「ドコモ画像認識プラットフォーム」を使ったソリューションや、ドコモがワンストップで提供する4つの5Gソリューションなどが新サービスに対応する。