KDDIとパーソルグループでBPOやヘルプデスク・コールセンターのアウトソーシングなどを手がけるパーソルワークスデザインは7月1日、企業のDX推進に向けた人材効率化、ITインフラ運用の品質向上・コスト削減をサポートするため、ITインフラ運用業務全般のアウトソーシングをワンストップで受託するソリューションの提供に向けて、6月22日に業務提携したと明らかにした。

提供予定のソリューションでは、両社のアウトソーシングセンターを一体的に運用することで、通信ネットワークの運用・監視に加え、利用している社内アプリケーション、クラウドサービスなどの社内OA環境に対する問い合わせ対応までを一本化したアウトソーシングを提供する。

今回の業務提携により、両社は「ITインフラ運用業務のワンストップでのアウトソーシング提供」「オペレーターの需要予測や採用・教育での協力」に取り組む。

ITインフラ運用業務のワンストップでのアウトソーシング提供については、両社のセンターを一体的に運用することで、問い合わせ対応から実際のトラブル解決に至るまで対応することが可能になり、業務ごとのアウトソーシングと比較して迅速な状況把握やトラブル解決などが可能になり、運用品質が向上するという。

また、両社のセンターで問い合わせ需要の増加に伴う増員などの対応も柔軟なため企業の事業継続にも貢献するほか、企業ごとに異なる運用上の課題に対し、両社のナレッジやノウハウを活かすことができるため、コストを抑えたアウトソーシングの提供を可能としている。

これにより、情報システム部門のアウトソーシングを促進し、企業の運用にかかる人員効率化やコスト削減を行うことができるため、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進などの戦略的な業務への人材シフトも可能だという。

オペレーターの需要予測や採用・教育での協力に関しては両社が協力し、オペレーターの需要を予測することで、ソリューションの提供前から人材を確保するリソースプールを構築し、迅速なアウトソーシングの提供が可能にする。

さらに、ソリューションの提供に必要な教育カリキュラムの整備など、採用や教育でも協力することで、高品質なオペレーター対応の提供に加え、パーソルワークスデザインのアウトソーシングセンターの所在地である宮崎県と長崎県において、未経験者などの幅広い人材の雇用が可能になり、地域経済の活性化を支援するという。

両社はアウトソーシングソリューションの提供を通じて、企業のITインフラの運用コストの削減、企業のDX推進のための中核事業への人材シフトを支援していく考えだ。