DataRobotは7月1日、「DataRobot AI Platformトライアル」の国内提供を開始した。これにより、エンタープライズAIプラットフォームが提供するAIを14日間無償で体験することができ、トライアルについてはDataRobot のWebサイトから申し込みが可能。

トライアルはクラウド上のSaaS環境における提供を行うほか、自社データのアップロードができない人や利用予定データの準備が整っていない人のために、各業界におけるAI活用のテーマを想定した多種多様なサンプルデータを提供する。

そのため、トライアルに申し込めば誰でもすぐにAIプラットフォームを利用することができ、提供するサンプルデータには生産ラインにおける品質欠陥の予測、損害保険における不正請求検知、ロイヤルカスタマーのターゲティングなど、12のデータセットが含まれる。

さらに、トライアルの申込者はDataRobotオンラインコミュニティにも参加を可能とし、オンライン上で利用方法のトレーニングやAIテクノロジーに関するセルフラーニングを行うことができ、利用に伴う質問や活用の課題については、同社のAIプロフェッショナルがこれまでのノウハウやスキルを駆使して積極的にサポートするという。

なお、トライアル版では通常版の製品で利用可能な機能の一部(外部データベースとの接続や自動特徴量探索、異常値検知や時系列など)は利用不可であり、これらの機能は年間300万円(月額5万円/1ユーザー、5ユーザーから申し込み可能)から利用できる「スターターライセンス」、またはオンプレ・プライベートクラウドへのインストールも可能な「エンタープライズライセンス」の購入で利用を可能としている。