産業用コンピュータやIoT機器ソリューション開発と販売を行うコンテックは9日、3Dカメラの映像情報からリアルタイムで正しい手洗い動作を高精度に判定するAI技術を開発したことを発表した。技術を活用した実証実験を行うことができる共創パートナーの募集を行っている。

AIと3Dカメラを用いることでリアルタイムに手洗いの正確さを判定する同技術は、厚生労働省が推奨する「正しい手の洗い方 6ステップ」を基準に、各ステップが正しい動作で必要時間洗浄されたかどうかを95%以上の精度で判定するという。

新型コロナウイルス感染症対策として、日々の手洗いが推奨されていることに加えて、食品業界では2020年6月より食品衛生法が改正され、食品等事業者自らが原材料の入荷から製品の出荷まで重要な工程を管理する衛生管理手法HACCP(ハサップ/Hazard Analysis and Critical Control Point)に対応した衛生管理が義務化されている。

食品工場、医療現場、飲食店、宿泊施設、学習施設などを中心に衛生管理システムや顔認識技術を組み合わせた衛生管理記録システムなどで活用することを想定している。もっとも大切な予防のひとつである手洗いの徹底をシステム化することで、新型コロナウイルス感染症対策を強化する狙いだ。同社はパートナー企業を募集しており、実証実験を通じて広くサービスや製品化を目指す構え。