メルカリとメルペイは7月13日、フリマアプリ「メルカリ」の売上金(※1)を家族や友人に送ったり受け取ったりすることができる「おくる・もらう」機能を開始すると発表した。

同社が調査した「メルカリ」利用者を対象にしたアンケート調査(※2)によると、40%が「メルカリで売って得た売上金を身近な人に送りたい」と回答しており、具体的に「誰に送りたいか」について質問に対し「家族・親族」が65%と一番多く、続いて28%が「友人・知人」に送りたいと回答したという。

同機能では「メルカリ」の売上金(メルペイ残高・有償ポイント)を1円(1ポイント)から手数料無料(※3)で送ることができる。

さらに、送る際に送る対象の方へのメッセージおよび専用のメッセージカードを添付することができる。メッセージカードはイラスト付きのもの、メッセージ付きのものなど総計24種類のデザインから選択でき、家族や友人・知人などの送る対象および利用シーンに合わせて自由に選ぶことが可能だという。

両社は今後、売上金を送る際には送る側・受取側双方の本人確認(友だち確認)完了後にはじめて受取対象者のアカウントに入金されるほか、「おくる・もらう」機能を使用したマネーロンダリングや不正取引への対策を強化していく方針だ。

同機能の利用方法は以下の通りである。

「メルカリ」アプリで受取リンク(URL)を発行し、SMSやLINE等で友だちや家族に共有

受取側は、受取リンクを開き、「友だち確認依頼」を送付

送る側が承認をし、完了

(※1)送ることができるのは、売上金から購入するポイント(有償ポイント)とメルペイ残高。友達招待やキャンペーンなどで付与されるポイント(無償ポイント)を送る、または受け取ることは不可。
(※2)「メルカリ」の売上金保有者2020年6月6日〜6月8日に実施。約2,600人回答。
(※3)メルペイ残高を送付または受け取るためには本人確認(銀行口座登録、アプリでかんたん本人確認)の完了が必要。有償ポイントを送るには売上金で有償ポイントを購入する必要がある。