NECは9月29日、住友商事が開設したオープンイノベーションラボ「MIRAI LAB PALETTE」にて、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術である顔認証技術と、サーマルカメラを組み合わせた感染症対策ソリューションを活用した実証実験を開始すると発表した。

「MIRAI LAB PALETTE」は、住友商事が大手町に開設した多様な分野のパートナーと新たな価値の創造に向けたコラボレーションを推進する会員制のオープンイノベーションラボ。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、MIRAI LAB PALETTEにおいても利用者の検温を従業員が行っていたが、非接触かつスムーズに体表温度測定が可能なサーマルカメラを導入することで、スタッフと来場者の接触を減らし、感染リスクの低減に貢献するとしている。

また、顔認証技術を活用し来場者の把握を同時に実施することで、設定値以上の体表温度が確認された場合は、対象者の顔情報と併せてスタッフに通知し検温を促すことも可能だ。
なお、顔情報の利用については、人権・プライバシーの観点から、同意を得た来場者のみ行うとしている。