ディズニーシー15周年ショー、夜間公演スタート! 幻想的な演出にうっとり

ディズニーシー15周年ショー、夜間公演スタート! 幻想的な演出にうっとり

千葉県浦安市の東京ディズニーシーにて13日、「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”〜グランドフィナーレ〜」(〜3月17日)がスタートした。一年間にわたって開園15周年をお祝いしてきた東京ディズニーシーでは、大人気のハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」の内容の一部を変更して、「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン!〜」を実施。夜間公演も始まった。

初お披露目となった「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン!〜」の夜間公演は、ショーの大まかな構成などは昼間の公演と変わらぬものの、新たな演出であるシャボン玉が暗闇のハーバーを背後にキラキラと輝き、それぞれのクリスタルをモチーフにした美しい光を放つバージなども登場。昼間の公演では決して見られない、夜ならではの幻想的なショーに集まったゲストも見入っていた。そして、夜間は15周年スペシャルグッズ「クリスタルコンパス」が、ショーの一部と連動して光るという趣向も用意されている。

また、「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン!〜」では昼夜を通して、ミッキーをはじめとしたディズニーの仲間たちのコスチュームを一新。ミニーは"愛"を表現した赤、ドナルドは"友情"を表現した青、グーフィーは"元気と健康"を表現した緑というようにディズニーの仲間たちは異なる色の"ウィッシュ・クリスタル"を身に着け、"Wish"の象徴となる"ウィッシュ・クリスタル"の色が一段と輝く新コスチュームで登場したが、とりわけ夜間公演は新コスチュームがライトに反射して強く輝いた。

特に「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン!〜」の夜間公演では、ハーバーを背景にキラキラと輝くシャボン玉がライトアップされて美しいだけでなく、多用するパイロ(演出用花火)もはっきりと目に映る点もポイント。15周年を迎え、東京ディズニーシーの15周年間をプレイバックした後、16年目という新たな旅の出発を祝い、未来へ向かう意気込みを表現する華やかなフィナーレの演出として最高の効果を挙げている。

グランドフィナーレを祝い、16年目となる「きらめく海へ」の航海を始める「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”〜グランドフィナーレ〜」では、スペシャルグッズをはじめ、スペシャルメニュー、デコレーションなどをパーク全体で展開する。なお、「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー〜シャイン・オン!〜」夜間公演は実施しない日もあるので詳しいスケジュールは東京ディズニーリゾート公式サイトで確認を。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

17時10分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索