アニメ映画の声に俳優を起用するのはなぜ? 『メアリと魔女の花』米林宏昌監督に聞く「実写とアニメの中間くらいの芝居がほしい」

アニメ映画の声に俳優を起用するのはなぜ? 『メアリと魔女の花』米林宏昌監督に聞く「実写とアニメの中間くらいの芝居がほしい」

●求めたのは実写とアニメの中間に位置する演技

マイナビニュース編集部に「何故、アニメ映画の声に声優ではなく役者を使うのか」という読者の疑問の声が届いた。確かに、2016年に公開され驚異的なヒットを記録した新海誠監督の『君の名は。』でもメインキャラクター2人の声を務めたのは、俳優・神木隆之介と女優・上白石萌音。2017年でも8月18日公開の『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』では、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズやTVアニメ『3月のライオン』シリーズなどで知られる新房昭之監督がメガホンを取り、メインキャラクターは菅田将暉や広瀬すずが演じる。こうしてみると、確かにアニメ映画で俳優が起用されることは多いと言えそうだ。

『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)や『思い出のマーニー』(2014年)を手がけてきた米林宏昌氏の監督3作目となる長編映画『メアリと魔女の花』(公開中)もそんな作品の一つだ。本作で描かれるのは、主人公・メアリが森で7年に1度しか咲かない不思議な花"夜間飛行"を見つけたことから始まる、赤い館村に住む少年・ピーターをも巻き込んだ大事件の物語。この2人を演じる杉咲花と神木だけでなく、本作には天海祐希(マダム・マンブルチューク役)、小日向文世(ドクター・デイ役)、満島ひかり(赤毛の魔女役)、佐藤二朗(フラナガン役)、遠藤憲一(ゼベディ役)、渡辺えり(バンクス役)、大竹しのぶ(シャーロット役)と錚々たる俳優陣がキャストとして名を連ねている。なぜここまで徹底して俳優らを起用しているのだろうか、その疑問を率直にぶつけたところ、米林監督からアニメーションと声の絶妙なバランスやその関連性を示す答えをいただけた。また、本作での俳優陣による"声にまつわる見どころ"やその収録エピソードを聞くことができた。

○"中間の芝居"をどう演じてもらうか

――なぜアニメ映画の声を俳優さんや女優さんに任せていらっしゃるのか、本作はもちろん、スタジオジブリ時代から彼らを起用してこられた米林監督に単刀直入にお聞きしたく思います。

僕がこれまでにやってきたアニメーションは日常シーンでも結構動くほうで、絵だけでも心情を表現できるよう描いてきました。あんまり過剰に演技を入れると逆に不自然になって浮いてしまう部分もあります。俳優の方たちに演じていただくにあたり普段の実写の芝居とはまた違う感覚を求めることもありますが、実写的な芝居とアニメーション的な芝居、その中間くらいのところでどう演じていただけるかが狙いで、「欲しいな」と思っている部分なんです。

――なるほど、絶妙な加減ですね。どちらかと言えば日常会話っぽくということでしょうか。

息遣いなどはそうですね。誇張してプラスしていった方が良いなと思う部分もあります。発声の仕方としては、舞台をやっているような感じでしょうか。ちょっと張っていかないと合ってこない。例えば、天海さんはこれまで何度か声で演じる機会があったそうで、「いつもは絵の力に負けちゃうところもあるけれど、今回は張っていきます!」と言って収録に臨まれていました。

○杉咲はまさに適役だった

――俳優陣でもこれまでの声の仕事の経験から、それぞれで収録の進み具合は変わってくるものなのでしょうか。

本作で言えば、各々でセリフの量は違いますが、メアリだとセリフがたくさんあるので、およそ5日間の収録になりました。

――すごく短いですね!

セリフの量にもよりますが、小日向さんは1日、神木さんに至っては4時間ぐらいで収録しました。

――そうだったんですか!?

天海さんも2日間くらいでしたね。絵を描いている長さに比べると、あっと言う間ではあります(笑)。そんな中でも絵を描いた僕たちの思っていた以上の表現をされていて、そういう意味では声の力というのは大きいなと思いましたね。

――特にこのキャストの演技に驚かされたというものはありますか。

やはり杉咲さんがすごいですね。メアリの声は、まさに彼女が適役でした。リアルな実写の芝居をやってらっしゃるから、生っぽい音が入っている。それが「面白いな」と感じまして。今回は実写ではあまり経験がないかもしれないし、やらないような驚いた時の「ギャー!!」や「ワー!!」といった声だけの演技をしなければいけないということで、すごく工夫して演じてくれました。それとメアリは「イヒヒ」って笑うじゃないですか。杉咲さんも普段からそんな笑い方をされるんですよね。

○杉咲の声は「許しちゃう」

――とすると、杉咲さんは最初からすんなりメアリの役に入っていった感じなのでしょうか。

彼女は『思い出のマーニー』では、東京から出てきた彩香という女の子をやってくれたんですが、その時も僕らが思ってもいなかったような感じの演技をしてくださっていて。今回のメアリという女の子は、色んな嘘をついちゃったり勝手にどこへでも行っちゃったり、すごく個性的な子で、「声によっては嫌われてしまうんじゃないか」という思いも実はあったんです。それで彩香の声でやったように、杉咲さんだったらメアリを思いもかけないような感じで演じてくださるんじゃないかと思いました。実際、幾つかのセリフを事前に録ったものを聞かせてもらったんですが、すごくマッチしているし、叫びとか日常ではやらないだろう発声の仕方も上手にやってくれていて「彼女だったらいけるな」と思いました。

――杉咲さんの演技ならば嫌われない女の子になるだろうと思われたのですね。

「イヒヒ」もそうなんですが、許しちゃうような声を持っているから「彼女だと良いな」と。そういう意味では「メアリの声は杉咲さんなしでは考えられない」というくらいになっていましたね。

○神木の演技でピーターはだんだんカッコよくなっていく

――一方の神木さんはいかがでしたか。

彼は『借りぐらしのアリエッティ』の時も、12歳の病弱な少年の役をやっていただいていましたけれど、今回は同じ12歳の少年でも全然違うタイプのキャラで、「どういう風になるんだろう」とすごく楽しみにしていたんです。

――(神木さん演じる)ピーターは逞しさもあるキャラですよね。

そうです。神木さんは「今、12歳の声を出せるかどうか」と不安もあったようですが「そこはあまり気にしないでやってください」とお願いしました。12歳であるかどうかよりも……ピーターは屈託のない少年ですけど、そんな中でも少年から青年に至る成長の過渡期、大人になっていく狭間の時期にいる男の子という役を繊細に演じてもらえることに期待しました。実際、ピーターは最初こそ可愛い感じで登場するけれど、だんだんカッコよくなっていく。その感じを上手く演じてくださりましたね。

●実はベテラン声優も出演「2人のコンビネーションは良かった」

○天海演じるマダム・マンブルチュークは一番難しい役かも

――アニメ映画初出演となった小日向さんはいかがでしたか。

初めてとは思えないほどパワフルでしたね。ちょうど天海さんと別のお仕事で同じ現場をご一緒されていて、アフレコに入る前に色んなアドバイスを受けていたみたいで、収録に臨んでいただいていた時は、最初からスムーズにいきました。

――そんな天海さんらを抜てきされた経緯はどういったものだったのでしょうか。

やっぱりマダム・マンブルチュークとドクター・デイは重要だと思っていて。ピーターとメアリの2人とマダム・マンブルチュークとドクター・デイの2人は登場するシーンも多いので人物のイメージと俳優さん方の声をイメージをしながら考えていきました。マダム・マンブルチュークは幅の広い演技が必要になってくるので、ひょっとしたら一番難しい役と言えそうな面もありました。

――(マダム・マンブルチュークは)優しいところも怖いところもありますものね。

裏の顔と表の顔があって。でも上品でないといけないし、チャーミングなところもあるし、滑稽な感じの演技もしなくちゃいけない。そうすると、すごく難しい役になると思っていたんですけど、「天海さんだったら」と思い立って、「是非ともやっていただけないか」とお願いしました。快諾していただき、アフレコ時はもう本当にノリノリでやってくれましたね(笑)。実際に声を聞いても(普段の)天海さんの声には聞こえないですし、本当にすごい。小日向さんが演じたドクター・デイもコミカルなキャラクターですが、エンドア大学の人たちは皆本気で一生懸命なんです。

○大竹の熱演でシャーロットが力のあるキャラに

――確かに魔法や実験に対しては真面目な一面も見られますね。

そうです。自分がやろうとしていることに対しての信念をもったキャラクターたちで、ちょっとでもコミカルにやろうと意図してしまうと何かシラケてしまうだろうなと思ったり。ドクター・デイは少年を何か他のものに変えてしまう変身実験のような怖いこともやっているんですが、それで世界征服を目論むとかではなくて。それも生徒たちや学校のためになると思ってのことだし、彼らは彼らの正義をもって行動しているんです。

――悪意があってやっている訳ではないですものね。

彼らは彼らの正義があるんだけど、メアリたちにとってみればすごく迷惑なことをやっている(笑)。そういう中で、メアリとピーターが若い力でまっすぐ進んでいくような話にしたくて。だから2人はすごく純粋な子どもたちであってほしいと思いました。それは声もそうだし、作画する時も気をつけたところですね。

――それでは4人の他のキャストさんはどうでしたか。

皆さんそれぞれ上手いし、(シャーロットを演じる)大竹さんは「何十年も赤い館に住んでいる感じを出してください」「メアリにとってはホームなので包容力のある感じを演じてください」と言ったら、もうバッチリ。シャーロットは、登場しているシーンも多くはないんですけども、とても大事な役どころなんです。言葉数も決して多くはないですから、物語の中で存在感が出せるか不安もあったのですが、大竹さんがパッと演じられるだけで、すごく力のある登場人物になりました。何十年という時間の厚みとメアリに対する優しさを短いフレーズで表現されて……いやぁ本当にすごいです。

○実は声優・大谷育江やLynnも子猫役で出演

――どの演者にも共通してアドバイスされたことはございますか。

「楽しんでください」ということですね。楽しい作品にしたかったので、そういった意味では、皆ノッて演じていただきたかった。杉咲さんも声としては初主演だということもあって、最初はとても緊張されていましたが、それでも「楽しんで」と言うとその通りにやってくれましたね。メアリになりきって「一緒に魔法の世界を冒険しているような気持ちで演じられた」と言ってくれました。終わった時には「もうあの世界にはいないんだ」と呆然とされていたくらい本当にのめり込んで演じてくれましたね。

――なるほど。

あと、声に注目していただいているということで、実はティブを演じているのは(『ポケットモンスター』シリーズのピカチュウ役などで知られる)大谷育江さんなんです。ティブも演技をしっかりしなければいけない役でしたが、大谷さんはさすがで、バッチリですごかったですね。猫だから、あんまり"キャラクター"になりすぎるといけなくて。普通の猫として描かなくちゃいけなかったんですけど、猫性とキャラ性の……ここはもうちょっと猫っぽく、ここはもうちょっとキャラクターっぽくというバランスを上手くコントロールして演じていただきました。そこは大ベテランの声優さんである大谷さんの力に助けられましたね。ギブも声優のLynnさんがやっているんですけど、2人のコンビネーションは良かったですね。

○天海の演技を真似る杉咲に要注目

――最後に、この役者さんのこの演技には注目! といった部分をアピールしていただければと思います。

そうですね……いっぱいあるんですけど、杉咲さん演じるメアリがマダム・マンブルチュークのモノマネをするシーンです。

――あの場面はメアリがちょっと調子に乗っている感じもすごく可愛くて素敵ですね!

実際に天海さんの声を聞いて、真似をしているんですけど、可愛いんですよ。あの場面でも、おどけて「イヒヒ」と笑いますし。さじ加減が難しいシーンですが、あそこは是非、声の演技に注目していただきたいですね。

■プロフィール
米林宏昌
1973年7月10日生まれ。石川県出身。金沢美術工芸大学在学中に似顔絵を描くアルバイトをしながらCMなどのアニメーションの制作を経験した。1996年、スタジオジブリに入社し『千と千尋の神隠し』(2001年)で初の原画を担当。その後も『ハウルの動く城』(2004年)、『崖の上のポニョ』(2008年)で原画を描き、2010年に『借りぐらしのアリエッティ』で初めて監督としてメガホンを取る。監督2作目となった2014年公開の『思い出のマーニー』は、第88回米国アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされた。2014年にスタジオジブリを退社。本作は同時期に同社を退いた西村義明プロデューサーが、新たなアニメーション制作会社・スタジオポノックを設立した初長編映画となる。

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
photo by 河邉有実莉(WATAROCK)

関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索