TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』、第3話のあらすじ&先行場面カット

TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』、第3話のあらすじ&先行場面カット

2018年7月から放送開始となるTVアニメ『京都寺町三条のホームズ』より、第3話「鞍馬山荘遺品事件簿」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』、第3話のあらすじ&場面カット

■第3話「鞍馬山荘遺品事件簿」
煌々と燃える焼却炉の炎。三本の掛け軸が勢いよく燃え上がり灰と火の粉を舞い上がらせる。7月初旬。父、武史に頼まれ梶原家の山荘を訪れる清貴と葵。武史の作家仲間、梶原直孝が三人の息子に残した掛け軸。その掛け軸は何者かに焼かれていた。そこに描かれていた絵に込められた驚愕の真実。
「……聞かなければよかったと、思うかもしれませんよ」

TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』は、テレビ東京・テレビ大阪ほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)望月麻衣・秋月壱葉/DEF STUDIOS
(C)「京都寺町三条のホームズ」製作委員会


関連記事

おすすめ情報

マイナビニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索