アイドルグループ・吉本坂46において、若手メンバー中心のチーム・REDの存在感が増している。昨年12月25日に発売された3rdシングル「不能ではいられない」では、REDが初めて表題曲を担当。“時間を止めるキス”というテーマのもと、激しくダンスを繰り広げるMVも話題となっている。

イケメン&美女ぞろいというのもREDの魅力だが、その中でも、榊原徹士のイケメンぶりは際立っている。アイドルユニット・新選組リアンとして活躍したキャリアを誇る榊原は、激しくキレのあるダンスが持ち味のREDにおいて、特技のダンスと歌を生かして精力的にパフォーマンスをこなしており、グループの屋台骨と言っても過言ではない。自身を「僕は顔面担当です(笑)」と謙虚に自己分析しつつも、元アイドルだった経歴を経て、吉本坂46に並々ならぬ思いで注力しているという。現在の手応えや今後の抱負、さらにデビューのきっかけとなった島田紳助さんとのエピソードなどを聞いた。

――吉本坂46のデビューから1年経ちましたが、吉本坂46としての活動はいかがですか?

僕はもともとの自分のスタートがアイドルで、役者をやって特撮を経験してからの吉本坂46なんです。吉本の役者って意外と芸人さんとの絡みがないので、吉本坂46に入ってからそれがめちゃくちゃ楽しいしうれしい。芸人さんといると元気になるし、そこはすごく僕にとっては大きな変化です。芸人さんが多く、「どこまで本気なの?」「吉本だからお笑いでしょ?」とも思われがちですが、そこはみんなガチでやっています。

――榊原さん自身が考える吉本坂46でのご自身の立ち位置とは?

僕は顔面担当です(笑)。

――“顔面担当”として努力していることはありますか?

アイクリームと目の下の保湿は時間があればやってます。

――肉体磨きも努力されていますか?

自分の身体のことをよく知る努力をこれからしていこうと、ちょうど決意したところです。30歳にもなると筋肉は劣化すると思うので、思い通りに身体を動かせるように筋トレを始めました。

――ところで榊原さんは、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)の中で誕生した新選組リアンとして2009年にCDデビューしたのが、芸能活動のスタートでしたよね?

そうですね。あれもオーディションで、本格デビューでした。

――芸能界を引退された島田紳助さんプロデュースでしたが、紳助さんへの感謝は強いのでは?

そうなんです。そうなんですけど、すごく貴重な機会だと当時わかっていなかったことが最大の失敗でした。当時はまだ大学生で、島田紳助さんという人がすごい人だということは理解していましたが、世間のことはよく知らなかった。だからすごい人ということはわかるけれど、恐れ多くてなかなか話しかけることができず、頑張って話そうとしても言葉に詰まる。それまで大人と接する機会がなかったので、ちゃんと接することができなくて、いまだに反省しています。

――紳助さんからの教えで印象に残っていることはありますか?

基本的に紳助さんは、「絶対に遅刻をしないこと」とか、「何があってもあいさつは絶対や。先輩を立てろ」とおっしゃっていました。吉本をずっと支えていた方の言葉なので、それは大切にしていきたいと思っています。

――そのほか、先輩からのアドバイスで大切にしていることはありますか?

吉本にはジャンルさまざまな方がいるので楽しい。教えてもらうというより、日々気づかされている感じですね。自分自身、吉本坂46で心がけていることは、めちゃくちゃ素の自分でいること。アイドルをしているつもりはないんです。役者をやっている部分では、人前に出ることは演じることだと思っていて、アイドルもアイドル演じることは大切ですが、アイドルをやりすぎてしまうと疲労することも知っている。だから、自分に近いアイドルを作ったほういいし、無理がない。これだけ面白い人がいて、素晴らしい人たちがいるわけだから、自分の個性を最大限に見てもらわないと意味がないなと。ここにいる人たち全員の個性が強いので、張り合うわけではないですけど負けないようにしたいと思っています。

――今後の抱負は?

朝ドラに出たいですね。5回くらい受けましたが、余裕で落ちました。特撮を経験しているので、朝ドラもそうですが、一年単位でドラマに出たいですね。映画なり映像に必ず出ていたい。それが目標です。吉本坂46としては、僕らはダンス選抜と謳っているので、三浦大知さんを超えるくらいのダンスをしてみたい。それが16人だったら圧巻だと思うんです。

――ご自身のダンスの武器や特徴をどのように分析していますか? また、ダンスのパフォーマンス向上のために努力していることは?

歌詞と音に合わせて作られた振り付けに対してハメこめるところが武器だと思ってます。速いダンスの動きはけっこう自信があります。当たり前のことかもしれませんが、舞台やMVの振り付けの予習は欠かさずにやってます!

――顔面担当プラス、その技術で超えていきたいということですね!

顔面はどこにいても目立つので、それは大丈夫です(笑)!

■プロフィール
榊原徹士
1989年12月6日生まれ。愛知県出身。2009年、バラエティー番組初の島田紳助プロデュースによるアイドルユニット・新選組リアンとして芸能界デビュー。解散後は俳優としてテレビや舞台を中心に活動の場を広げ、映画『オー!ファーザー』、ドラマ『新選組PEACE MAKER』(2010年)、『明日の光をつかめ』(2010年)、『名探偵コナンドラマスペシャル 工藤新一への挑戦状』(2011年)、『五つ星ツーリスト』(2015年)、『朝が来る』(2016年)、『宇宙戦隊キュウレンジャー』など数々の作品に出演。2018年12月に吉本坂46としてデビューし、アイドル活動を再開。特技のダンスと歌を生かして、精力的にパフォーマンスしている。