俳優の成田凌が、「第74回毎日映画コンクール」で男優主演賞を受賞し13日、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールで開催された表彰式に出席した。

同賞は毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社などが主催している映画賞。成田は、映画初主演となった『カツベン!』での演技が評価されて男優主演賞に輝いた。

成田は「僕個人でとったというより、みなさんでもらった賞だと思うので、うれしいというより感謝しかないですね」と、周防正行監督をはじめとする関係者に感謝。「100年前の映画の始まりの映画なので責任は重大ですけど、丁寧に時間をかけて撮っていたので、恥じないものはできたと思います」と堂々と話した。

今後挑戦したみたい役を聞かれると「選ばずやりたい。地道にどんな役でもチャレンジしてみたい」と幅広い役に意欲。「2019年に公開された映画はいろんな役をやらせていただいたので、引き続きいろいろやっていきたい。この世から“カメレオン俳優”という謎の言葉が消えればいいと思っています」と話し、「それが当たり前?」と聞かれると、「そうですね。役者だし」と返した。

『カツベン!』は、今からおよそ100年前、映画(活動写真)がまだサイレントでモノクロだった頃を舞台に、楽士の奏でる音楽とともに独自の“しゃべり”で物語を作り上げた活動弁士、通称“活弁”(カツベン)を夢見る青年を主人公に、日本映画の未来を夢見た人々の群像を描いた物語。

表彰式には周防監督も登壇し、「カツベンの練習をして、このレベルまで引き上げてくれたのは感謝。よくやってくれた。改めてお礼を言いに来ました」と成田に感謝。成田は「また周防作品に出られるようになりたいです」と希望した。

○「第74回毎日映画コンクール」受賞結果

■作品部門
日本映画大賞:『蜜蜂と遠雷』(石川慶監督)
日本映画優秀賞:『新聞記者』(藤井道人監督)
外国映画ベストワン賞:『ジョーカー』(トッド・フィリップス監督)

■監督・脚本部門
監督賞:石川慶『蜜蜂と遠雷』
脚本賞:阪本順治『半世界』

■俳優部門
男優主演賞:成田凌『カツベン!』
女優主演賞:シム・ウンギョン『新聞記者』
男優助演賞:吉澤健『凪待ち』
女優助演賞:池脇千鶴『半世界』
スポニチグランプリ新人賞:鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
スポニチグランプリ新人賞:関水渚『町田くんの世界』
田中絹代賞:風吹ジュン

■スタッフ部門
撮影賞:クリストファー・ドイル『ある船頭の話』
美術賞:磯田典宏『カツベン!』
音楽賞:RADWIMPS『天気の子』
録音賞:藤本賢一『半世界』

■アニメーション部門
アニメーション映画賞:『海獣の子供 』(渡辺歩監督)
大藤信郎賞:『ある日本の絵描き少年』(川尻将由監督)

■ドキュメンタリー部門
ドキュメンタリー映画賞:『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』(伊勢真一監督)

■TSUTAYAプレミアム映画ファン賞
日本映画部門:『凪待ち』
外国映画部門:『ジョーカー』

■特別部門
特別賞:宮本まさ江(衣装)