●「BATTLE OF TOKYO」で“らしさ”再確認
EXILE TRIBE初のメンバー全員がマイクを持ってパフォーマンスする7人組ダンス&ボーカルグループ・BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE。3年間の米ニューヨーク留学でパフォーマンスと語学を磨いてきた深堀未来、奥田力也、砂田将宏、「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 〜夢を持った若者達へ〜」のファイナリスト日高竜太、加納嘉将、松井利樹、海沼流星による実力派だ。

米留学した3人だけでなく、海沼はブラジルのハーフでポルトガル語が堪能で、海外進出も視野に活動している“世界基準”。昨年5月にアルバム『BALLISTIK BOYZ』でメジャーデビューしたばかりだが、すでにアジア諸国を巡るツアーにも挑戦し、活動の場を広げている。2月12日には、初となる全国ホールツアー「BALLISTIK BOYZ LIVE TOUR 2020“BBZ”」のキックオフシングルとなる2ndシングル「ANTI-HERO'S」(アンタイヒーローズ)をリリース。進化を続ける彼らに、これまでの活動を振り返るとともに、今後の目標も語ってもらった。

――デビューしてから8カ月経ちましたが、グループにとって大きかったと感じている出来事を教えてください。

全員:まだ8カ月しか経ってないのか!

海沼:僕たちにとって大きかったと思う出来事は3つ。“Jr.EXILE世代”として参加させていただいた「BATTLE OF TOKYO」、東南アジアプロモーションツアー、そして、カウントダウンライブ(「LDH PERFECT YEAR 2020 COUNTDOWN LIVE 2019→2020 “RISING”)です。

砂田:新しい挑戦ばかりでしたね。

松井:夏のバーベキューは入れなくて大丈夫?

――メンバーのみなさんでバーベキューを?

松井:メンバーとスタッフさんでやりました!

砂田:みんなでやりたいねって。この間もみんなで、横浜赤レンガ倉庫でアイススケートをやりました。仕事と仕事の間に時間があって、ちょうど赤レンガの近くにいたので、みんなでやろうって。

――仲良しですね!

砂田:仲良いです(笑)

松井:赤い糸でつながってるんです(笑)

――なるほど(笑)。話を戻して、「BATTLE OF TOKYO」について伺います。GENERATIONSさんをはじめとする先輩グループとコラボレーションして刺激になったなと感じていることを教えてください。

奥田:GENERATIONSの先輩方は、パフォーマンスはもちろん、リハーサルから学ぶことがたくさんありました。今、ホールツアーに向けて僕たち一人ひとりがアイデアを出して進めていますが、セットリストの作り方など、先輩方のリハーサルの進め方を参考にさせていただいています。

砂田:「BATTLE OF TOKYO」のミュージックビデオ(MV)では、コンセプトがバトルなので、僕らは一番後輩ですけど一番上のGENERATIONSさんともバチバチするシーンがあって、そういった撮影の中で、BALLISTIK BOYZらしさ…どう振る舞えば自分たちらしさが出るのか、気づくことが多かったですね。先輩たちからもアドバイスをもらって、グループとして成長できたと思います。

――そこで再確認したBALLISTIK BOYZらしさとは?

砂田:やんちゃ感やフレッシュさ。MV撮影では、怖いもの知らずな感じで先輩と対面するシーンもあったんですけど、ビビらず挑発するようにしました。つかみ合いになりそうなくらい迫力ある対面シーンも撮ったんですけど、そこはカットになっていました。

――GENERATIONSさんからのアドバイスで印象に残っていることはありますか?

砂田:対面するシーンで、(胸ぐらをつかむ動きを見せながら)「こんなんやっていいよ」とか言ってくださって、後輩としてはすごくやりやすかったです。

●海外初パフォーマンスで目標がリアルに

――次に東南アジアプロモーションツアーについて。まず訪れた国を教えてください。

全員:マレーシア、台湾、インドネシア、ベトナム、タイに行きました。

――ものすごく大きな経験になったと思いますが、いかがでしたか?

日高:めちゃくちゃ大きかったです! 僕は海外でのパフォーマンスが今回初めてでしたが、日本でパフォーマンスするのと全然違いました。お客さんの反応もそうですし、自分たち自身、すごいエネルギー、良いバイブスが生まれて、日本ではできないようなパフォーマンスができて、その感覚が初めての経験でした。

――海外仕様にパフォーマンスを変えたりしたのでしょうか?

砂田:MCのやり方やパフォーマンス中の盛り上げ方は、少し海外用に変えましたが、基本のパフォーマンスは日本でやってきたことと同じです。どれくらい通用するのか、どれくらい盛り上がるのか、自分たちも全然わからなかったので、とにかく今まで自分たちがやってきたことをやってみました。すごく反応が良いところもありましたし、自分たちが作るエナジーが大きければ大きいほどその分返ってきて、めちゃくちゃ楽しかったです。

――もともと海外を意識されているグループですが、改めて海外に羽ばたいていくぞという思いが増したのでは?

日高:そうですね。よりリアルになりましたし、自分たちに足りないものも見つかりました。

――どんな点が足りないと感じましたか?

日高:自分の場合はまず英語が話せないので、もどかしい気持ちに。実際に行ってみて話せるようになりたいと思いましたし、世界で活動していくためには絶対に必要だと感じたので、英語をやろうと決めました。また、パフォーマンスでもっとお客さんを惹きつけられるように、技術面をもっともっと磨いていかないといけないと。

――海外でのMCは、英語がペラペラな深堀さん、奥田さん、砂田さんがメインで?

海沼:そうですね。3人がメインで進めてくれました。僕たちは逆に、現地の言葉を必死に覚えました。それぞれの国にあわせて。(英語が話せる)3人がすごい頑張ってくれていたので、せめて俺らも現地の言葉で会話に入れるようにと思って頑張りました!

●カウントダウンライブで実感「EXILE TRIBEの一員に」

――カウントダウンライブはいかがでしたか?

海沼:これも夢の時間でしたね。自分たちが目標としていた方々が同じステージに立たれていると考えただけですごく不思議な気持ちになりましたし、自分たちもEXILE TRIBEの一員になっているんだなと改めて実感できました。

砂田:僕たちのパフォーマンスは2曲だったので勢いで乗り越えられたところがあるんですけど、あの大きさで、あれだけのお客さんの前で、2、3時間のライブを先輩方のようにやるのは、まだ自分たちはできないだろうなと。でも、あそこから見えた景色はすごかったので、いつか自分たちの単独で見られるようになりたいです。

深堀:先輩方のリハーサルしている姿やパフォーマンスしている姿を見て、そして実際に自分たちもやってみて、まだまだだなと思いました。でも、まだデビューして間もないのに、あんなに恵まれた環境で、たくさんの方の前でパフォーマンスできるというのはすごいチャンスだと思いますし、感謝しないといけないなと思いました。

加納:EXILEさんも三代目 J SOUL BROTHERSさんも、みなさんLDHに所属する前から憧れていた先輩方で、目標にしてきた人たちでもありますし、そういった人たちと同じステージに立って年を越す、しかもたくさんのみなさんの前でそういうことができたというのは、二度とない経験っていうくらいすごい経験をさせていただいたなと。本当に特別な時間でした。

――最後に、今後のグループの目標も改めてお聞かせください。

砂田:去年初めて日本以外の国でパフォーマンスして…どうなるかわからないけど、とりあえず行ってみようという形で行ったんですけど、今年また同じ国に行ける機会があったら、前回ちょっとでもファンになってくれた方々のベースをさらに拡大できたらうれしいなと。そして、もっとその国で自分たちのことを知ってもらえるような活動をしてみたいですし、行ったことのない国にも行きたいです。

――新たに行ってみたい国は?

砂田:ヨーロッパやアメリカにも挑戦してみたいという思いはあります。順番がちゃんとあると思いますし、身近な東南アジアに先に行った意味もあるので、そこでもっと頑張ってからなのかもしれないですけど。今後どうなっていくのか自分たちもわかりませんが、とにかくいろいろ挑戦していきたいです。

――アメリカはいつ頃を目標に?

砂田:今年は初の単独ホールツアーをやらせていただくので、できれば来年。僕の勝手な目標ですけど、来年、大きさはどんな形でもいいので、ワールドツアーというか、海外でツアーを単独でできたら。それに向けて今年いろんな活動をしていきたいと思います。

■BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
EXILE TRIBE初のメンバー全員がマイクを持ってパフォーマンスする7人組ダンス&ボーカルグループ。LDHとエイベックスグループによるグローバルアーティスト育成プロジェクト「PROJECT TARO」で米ニューヨークにて3年間パフォーマンスと語学を磨いてきた深堀未来、奥田力也、砂田将宏と、「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 〜夢を持った若者達へ〜」のファイナリスト日高竜太、加納嘉将、松井利樹、海沼流星による実力派。2019年5月22日にアルバム『BALLISTIK BOYZ』でメジャーデビューし、オリコン週間アルバムランキング(5月28日付)で1位を獲得した。米留学した3人は英語を話すバイリンガル、海沼はブラジルのハーフでポルトガル語が堪能で、海外進出も視野に活動。デビューした2019年に、早くもアジア諸国を巡るプロモーションツアーに挑戦した。