映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の公開初日ミサが20日に都内で行われ、広瀬すず、吉沢亮、堤真一、小澤征悦、木村多江、リリー・フランキー、浜崎慎治監督が登場した。

同作は、ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズなどを手がけ数々の賞を受賞、映画『ジャッジ!』で脚本も務めた澤本のオリジナル作。大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社の社長である父親の計(堤真一)と二人暮らしだが、ある日「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み、会社乗っ取り計画の犯人を炙り出そうとする計が七瀬の前におばけとなって現れる。七瀬は計、そして計の会社の社員で、”ゴースト”と呼ばれている存在感の薄い松岡(吉沢亮)とともに事態の解決に乗り出し、思いもよらぬ展開になってしまう。

「死んじゃうくらい恥ずかしかったこと」を聞かれた吉沢は、撮影でのエピソードを披露。「でんでんさんを羽交い締めにして止めるというシーンで、でんでんさんの力が強すぎて引きずられてたんですよ。これはさすがにやばいなと思ってガッと絞めたら、すごい勢いでおならが出て」と明かす。

吉沢はさらに「それが『プゥ〜』みたいなかわいいやつじゃなくて、バイクの『ブォン!』みたいな、結構な爆裂音が出て。あの時はすごい恥ずかしかったし、でんでんさんが触れてこない。『今、おならしたでしょ』とか言ってくれたら落ち着くんですけど、絶対気を使ってくださって、なかったことにしようとしてくれて、それが逆に恥ずかしかったな」と苦笑。「逆にいじってくれた方が良かったんですけど、恥ずかしい思いしました。ものすごいのが出たので。実が出るかなというくらい」と詳細に語った。

また、リリーは「僕とすずと吉沢くんで会議室で待ってる時、吉沢くんと初対面だったので、すずと盛り上がっちゃって。ひとりぼっちにして悪いなと思って『吉沢く〜ん』と言いながら吉沢くんのお尻を揉んでたんですよ」と撮影時を振り返る。「そしてそこから1年くらい経って、吉沢くんと僕と多江ちゃんと別の仕事で会見があったときに、吉沢くんが急に『リリーさんは僕のお尻を揉むんです』とか言い初めて。なんのエクスキューズもなく『会うたんびにお尻を揉まれるんです』みたいな」と抗議。吉沢が「嬉しかったから。その日から揉まれなくなりました」と弁解すると、リリーは「あとで揉んであげる。最近、揉まないと不機嫌になるんですよ」とにやりとする。

イベントでは、壺に向かって日々の不満をシャウトするコーナーも行われたが、「顎が痛え!」と叫ぶ吉沢の髪型についても話題に。隣に経っていた小澤が、シャウト内容と関係なく「刈り上げかわいいですね。今、特等席で見てたから」と指摘すると、リリーが「ちょっと後ろ向いて見せてあげて」とリクエスト。刈り上げを撫でる吉沢の姿を各カメラマンが激写していた。