映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の公開初日ミサが20日に都内で行われ、広瀬すず、吉沢亮、堤真一、小澤征悦、木村多江、リリー・フランキー、浜崎慎治監督が登場した。

同作は、ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズなどを手がけ数々の賞を受賞、映画『ジャッジ!』で脚本も務めた澤本のオリジナル作。大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社の社長である父親の計(堤真一)と二人暮らしだが、ある日「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み、会社乗っ取り計画の犯人を炙り出そうとする計が七瀬の前におばけとなって現れる。七瀬は計、そして計の会社の社員で、”ゴースト”と呼ばれている存在感の薄い松岡(吉沢亮)とともに事態の解決に乗り出し、思いもよらぬ展開になってしまう。

イベントでは、壺に向かって日々の不満をシャウトするコーナーも。作中でもいろいろ叫んでいた広瀬は、改めて「勝手にキャベツにドレッシングかけるんじゃねえ!」とシャウト。「ソース派なんですよ。結構かけられることが多い。1番許せないのがキャベツなんですけど、からあげのレモンとかもわーって上に勝手にかけられるのはなんでなんだろう。好みじゃないんだ!」と苦笑する。

「私は聞くんですけど」という広瀬はさらに、「焼肉とかでも気になってる。大体焼肉に人と行く時は私が焼いて、何もないお皿に置く」と主張。"からあげレモン"を拒否できるのか? という質問には「言えます!」と即答し、「でも、いいとは思うんですけど、当たり前のようにかけられるのはちょっと。食べ物は大事」と熱弁した。