元モーニング娘。でタレントの辻希美とお笑い芸人の小籔千豊が23日、都内で行われたAbemaTVの結婚リアリティーショー「さよならプロポーズ」シリーズ最新作『さよならプロポーズ シーズン2』(3月28日スタート、毎週土曜22:00〜)の番組MC合同取材に出席。この春、挑戦したいことを語った。

同シリーズは、長く付き合いながらもなかなか結婚に踏み切れない“とある理由”を抱える2組のカップルが、7日間の海外旅行を経て、最終日に“結婚”か“別れ”のどちらかを必ず決断しなければならないという結婚リアリティーショー。シーズン2では、本格的MC初挑戦となる辻希美を新MCに迎え入れ、前作に引き続きメインMCを務める小籔千豊と毎回登場するスペシャルゲストと共に、2組のカップルによる旅の行方を見守る。

辻は、本作に魅力について「結婚している私ですらすごく勉強になる男女の物語。私の娘も見たら興味が出ていて、男女問わず、年齢問わず楽しめる」とアピール。小籔は「すべてのカップル、すべての夫婦、小中高の若者が見るべき番組。すごく勉強になる。自分を振り返るきっかけにもなりますし、こういうことでケンカするんやって、よそのカップルを見て気づける」と熱弁した。

辻が本格MCに初挑戦することにかけて、この春、挑戦したいことを聞かれると、辻は「鬼滅の刃』の禰豆子(ねずこ)になりたい。髪の毛の毛先をピンクにするっていうのをやりたい」と願望を告白。「でも、入学式にピンクはなと思って。また言われちゃうなと思って、入学式の後にやりたい」と時期は慎重に考えているようだ。また、「べランピング。ベランダにテントを張って生活するっていうのをやってみようかなって。外でご飯を用意してっていうのを子供に体験させたい」とべランピングも計画している。

小籔は「お花、華道をやりたいなと思っていたんですけど、何年もできていないので、できたらなと。あとは料理教室に行ったり。和食を食べに行ったときに、なんでこんなにうまいんやろうってすごい不思議で、それを解明したいんですよ。あとは1人キャンプとか」とやりたいことがたくさん。「英語も全然やってない。アメリカで新喜劇をやるということを10年くらい言ってますけど、口ばっかりで。やらなあかんこといっぱいあります」と語った。