モデルの“ゆきぽよ”こと木村有希が24日、無観客・生配信の参加体験型プログラム「超十代2020 デジタル」(東京・渋谷の「SHIBUYA109 LIVE TV ハチスタ」より生配信)に出演した。

同イベントでは、「恋する ハチスタ〜ゆきぽよ女塾〜」と題した企画を実施。ゆうちゃみ、MINAMI、さくら、8467、宮瀬いと、Marina、ロイを迎え、恋愛や仕事に関するテクニックを伝授した。

これからモデルやタレントとして羽ばたいていく若者に向けての“ありがたい一言”を求められると、ゆきぽよ「どうせだったら俳句で言っていい!?」と自ら提案。そして、「アンチコメ 反論すると 倍返し」と五七五で金言を授け、「アンチコメ来ても全部シカト、無視していくほうが、今後この先うまくいくのかな」と説明した。

「超十代2020 デジタル」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止となった「超十代 - ULTRA TEENS FES - 2020@TOKYO」の代替プログラム。出演者と視聴者がつながるリプ返企画、ライブ、ファッションショー、オーディションなど、デジタルで参加することを意識した参加体験型の内容で展開した。

撮影:蔦野裕