2020年1月から放送開始となったTVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』より、第13話「我が塔に来たれ後継者」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』、第13話のあらすじ&場面カット

■第13話「我が塔に来たれ後継者」
≪牙の塔≫に潜入したオーフェン達は、待ち構えていたウオール・カーレンの部下達と戦闘になる。敵を制したオーフェンは、ウオール・カーレンと対峙する。そこにフォルテとアザリーの加勢により、ウオール一派を捕らえ、罪を糾弾することに成功した。アザリーはチャイルドマンが持っていたはずの「世界書」を手に入れ、次はキムラック教の総本山であるキムラック市に行くとオーフェンに告げる…。
(脚本:吉田玲子、絵コンテ:浜名孝行、演出:曽根利幸、作画監督:吉川知希/松原一之/山下菜摘/大河内忍/岡遼子/青野厚司、アクション作監:戸倉紀元、総作画監督:中村深雪/青野厚司/森本浩文)

TVアニメ『魔術士オーフェンはぐれ旅』は、AT-X、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)秋田禎信・草河遊也・TO ブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会