●"推しシーン"に明かされる出来事
独特な世界観を持ち、エンタテインメント性の高さと魅せるパフォーマンスで多くのオーディエンスを続々と魅了し虜にしている、メインダンサー&バックボーカルグループ超特急。これまで様々なアリーナはもちろん、日本武道館での単独公演も実現させて名前の通り超特急のように走り続けている彼らだが、昨年末から2020年の年始早々にも東阪でのアリーナツアー「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolucion viva 〜Shine Bright New Year〜」を実施した。

大阪城ホールと代々木第一体育館で公演を行ったが、大阪と東京ではセットリストが異なり、大阪ではクリスマスメドレー、東京では殺陣のパフォーマンスに挑戦。年末年始にもかかわらず会場に詰め掛けた多くの8号車と呼ばれる彼らのファンを大いに熱狂させた。そんな彼らのパフォーマンスを完全収録したBlu-ray『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolucion viva』が25日に発売された事を受け、今回は超特急メンバーにインタビュー。

実はメンバー自身が演出や衣装プロデュースに携わっており、自分たちでライブを作り上げている彼ら。インタビュー前半では、 “超特急ならではの強み”を意識しながら、高みを目指していく姿をお届けしたが、後半ではメンバーたちの“素”が垣間見えるハプニングなど、裏話を中心にしたエピソードが飛び出した。さらに、超特急メンバーへ“最近上がった出来事”を直撃し、今回はタクヤ・ユーキ・タカシの回答を紹介する。

○■カイ、タクヤのハプニングをリーク! 「実はタイミングを間違えて……」

――今回のライブにおいて見逃せない"推しシーン"を皆さんに聞いていますが、カイさんは印象深いシーンはどのあたりですか?

カイ:僕は大阪公演の「P.S.C Christmas Medley」の1発目で、手を挙げる所が好きです。始まった感。タクヤを筆頭として、みんなが広がるという始まった感がすごく好きで……。タクヤがセンターに、4号車にいてくれて良かったと思った瞬間です。

リョウガ:若干の裏話が込められていますけどね……(笑)。

カイ:(笑)。そうなんです、実はこれタクヤがミスしちゃって、そういう見え方になったハプニングなんです。みんなで一斉に手を挙げる場面だったんですが、タクヤが少し早いタイミングで上げちゃって。でもタクヤがセンターだったので、逆に"決まった"という(笑)。

タカシ:立ち位置的に、他のメンバーが間違えて挙げちゃったら、完全に“ミスだな”ってバレちゃうやつです(笑)。言わなければそれで収まる事だったりするハプニングではあるんですが……。

カイ:リークしちゃった(笑)。

リョウガ:僕は……どれも良いんですけど、今回の映像に収録されて嬉しかったのは、大阪公演で流れた、クリスマスをテーマにしたムービーですね。1日かけてドラマのように色々なシーンを撮影しました。細かい見どころがたくさんで、そうしたライブではない部分にも、ぜひ注目をしていただければと思います。特におすすめの箇所は、タクヤのメガネにぶら下がったトナカイの赤鼻が、口にはまっちゃっている所……ですかね(笑)。個人的にはど直球というか、どストライクというか……。

タクヤ:どういうこと!?(笑) 何がど直球なの?

リョウガ:その様子がすごく個人的にツボで。共感者はいないと思うんですけど……。タクヤ推しの方には、写真を撮ってアイコンにして頂けると良いと思っているくらいです。

タクヤ:あれはメガネをかけた時、どうしても口の上に来てしまうのでしょうがなく……だったんです。でも僕は、遠目で見たら鼻じゃなくて、口そのものに見えるんじゃないかと思っています。

リョウガ:(笑) いや、口には見えない!
○■“ドジ”がダンサーに伝播!?

――ちなみに先ほどカイさんから裏話が出てきましたが、今だから言える「実は○○だった」的なエピソードがあれば教えてください。

タクヤ:やっぱり……ユーキはやらかしますよね……。

ユーキ:えっ!?

――ユーキさんは、たまにハプニングが起こってしまう事から"ドジっ子"として8号車の皆さんからも愛されていますが、今回はどのような事があったんでしょうか。

タクヤ:東京公演の殺陣で、衣装の背中にフリンジ(糸や紐を束ねた装飾布)をつけていて、それを取って2階から1階に降りる演出だったんです。なのにこの人、取れてなくて。そのまま気付かず、ずっと踊っているんですよ……。

ユーキ:いや、あれはまさかの出来事だったんです。僕じゃないです。ダンサーの方にドジが移ったんです。

カイ:ダンサーさんが、ドジを引き寄せちゃったんだ!(笑)

ユーキ:そう! ダンサーの方が後ろに隠れていて、フリンジをシュッと取ってくれるんですが、この日はなかなか取れなくて、背中越しにダンサーさんがすごく焦っているのが伝わってきました。半分くらいまではいけたんですが、結局「無理だ! もう出てって!」という感じで送り出されて(笑)。あれは本当に焦りました……リハーサルでは1回もミスしなかったんですけどね。

タカシ:あの時だけ、ファスナーが洋服を噛んじゃったんだよね。

ユーキ:今回はオールマルチスクリーンという、東京だと49台・大阪だと23台のカメラで撮影した映像が1画面に収録されているディスクもあるんですが、もしかしたらこのうちの1コマに、焦っている僕の表情が映ってる可能性もありますね……。

●ユーキ、まさかの流血の原因は?
○■鋭利すぎる靴ベラに…

ユーキ:あともう1個あるんですけど、殺陣をやっている時に手の平に血が付いているのに気が付いて、「いつの間に?」と思ってすごくビックリしていたんです。次の日も、殺陣の直前で着替えをしている時に急いで靴ベラを使って靴を履こうとしたらすごく痛いし、手に血が付いてる。実は靴ベラを強く握りすぎて、手にケガをしていたんです。

カイ:その靴ベラ、すごく鋭利だったんだよね。

ユーキ:すぐに衣装を変えなきゃいけないから急いでいたのもあって、すごく力んで靴ベラをぎゅっと強く握りすぎていたようで……。

――急いで着替えていた事もありますが、血が出るほどの怪我に気付かないというのは、相当集中していたのではと想像できます。

ユーキ:あの時はアドレナリンがすごく出ていましたし、気持ちが高ぶっていてそこまで強く握っている意識があまりなかったので、集中をしていたのかもしれないです。

タクヤ:でも次の日、靴ベラに握ってもケガをしないように、タオルがぐるぐるに巻かれていたよね(笑)。
○■今回のライブを経て語る、今後への展望

――では最後の質問となりますが、今回のライブを経て、今後のライブへ向けた皆さんの展望や、挑戦してみたい事をお聞かせください。

タカシ:近々ではなく、将来的に……ですが、生音のパフォーマンスをしたい。「Synchronism」という公演でバンドの方々と一緒にライブをやったんですが、個人的な感想としては、当時自分のベストを尽くしたものの、「少し早かったかも」とも思っているんです。

だから、将来的に自分たちがもっと生音に見合った年齢やレベルに達したと確信したとき、もう1度、生音でダンスを踊るみんなを見たいなと思っているんです。ソロでも全員のパフォーマンスでも、以前とはまた違う、すごくかっこいいステージになるんじゃないかなって。大きな舞台で、いつかできたらと思っています。

それに加えて、僕たちは他のグループとは違う見せ方やアプローチもできると思っているので、例えばバンドさんが「こんな速い曲、普通は絶対やらないよ!」みたいな演奏もやっていただいたりしながら、超特急ならではの“生バンドステージ”を実現できたらと思います。

カイ:去年のツアー「EUPHORIA」ではデュオパフォーマンスをやらせてもらい、僕たちにとっては1つの挑戦でした。今後、さらにスキルを上げるという前提はありつつ、もっと尺があるソロパフォーマンスを全員が挑戦してみても、面白いのではと思っています。それぞれの良いところも見えますし、なにより……やってない間、1人3分だとして12分は休める(笑)。この間に整える事で、また次のパフォーマンスに全力で挑めると思うので、挑戦をしながらも、よりステージクオリティを上げていけるようなやり方も、模索できたらなとも思います。

リョウガ: FCツアー「Toooooo8」の時にやった、ストーリーがあって、僕たちがキャラクターを演じて物語になってるという演出も、面白かったよね。

タクヤ:毎ライブ、必ずテーマが1つはあるんですが、今まで挑戦した以外の新しいテーマにも挑戦してみたいと思っています。ユーキさんは大変だろうけど、是非そうした演出を頑張ってもらって…。

ユーキ:僕は誰かとコラボしたりという気持ちもありますが、ただただ楽しい事を考えて、ただただ笑顔になれる面白いライブを、作れたらと思います。それが例えばくだらないものだったとしても、良いと思うんです。とにかくご覧になる皆さんも僕たちも、何も考えずに楽しめて、笑顔になれるライブを作れたらと思います。
○■おまけ:日常であった“アガった出来事”を教えて! (タクヤ/ユーキ/タカシ編)

タクヤ:趣味がゲームなんですが、ヘッドセットや音を聞くためのアンプを買ったらそれがとても良かったのが嬉しかった事です。今まで色々試しては買い替えをしていましたが、やっと良いものに出会えました。

ユーキ:名古屋でのライブの帰り、牛肉をひつまぶしのようにして食べるお弁当を食べたんですが、それがめちゃくちゃおいしかったんですよ! ライブ後でお腹がすごく空いている時にあったかいお弁当はテンションが上がりました!

タカシ:携帯ケースを買い換えました! 今までシンプルな色味の物を使っていましたが、カラフルなケースを買ったんです。色々な色が混ざったものを観ると、職業病ではないのですが(笑)、“超特急”だなと思えますし、明るい色を持つと気分も明るくなれる気がしています。

■超特急
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシの5人からなる音楽グループ。2011年に結成し、2012年にシングル「TRAIN」でデビューした。6月には「ARENA TOUR 2020 SPRING WELCOME TO THE BULLET TRAIN DINER」を予定。また4月からは、メンバー全員が出演するドラマ『FAKE MOTION-卓球の王将-』(日本テレビ 毎週水曜深夜0:59)も放映される。