2020年4月から第二部が放送開始となったTVアニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』より、第20話「ルッツの行く道」のあらすじ&先行場面カットを紹介しよう。

○●TVアニメ『本好きの下剋上』、第20話のあらすじ&場面カット

■第二十章「ルッツの行く道」
ルッツが家出してしまった。ルッツが商人になることに反対していた父のディードと言い争いになり、飛び出してしまったらしい。一方、ベンノはルッツを養子にすると言い出し、ルッツの家族と険悪になる。どうすればいいのかと悩むマイン。フェルディナンドは双方の話を聞くようにと助言する。親身になってくれるフェルディナンドが意外なマイン。こうして、神殿でルッツの家族会議が行われることになる。
(脚本:石山優子、絵コンテ・演出:川崎 芳樹、総作画監督:海谷敏久、作画監督:辻 加奈子/海谷敏久)

TVアニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』第二部は、ABCテレビ、AT-X、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会