クイズ番組や情報番組で博識ぶりを見せるお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが4日、歴史の動画授業を行うYouTubeチャンネルを立ち上げた。「とにかく勉強嫌いな子に見てもらいたい」と意欲を語っている。

今回立ち上げたチャンネルは『カズレーザーの50点塾』と題し、「これを見ればテストで50点くらいはとれるんじゃないか、という基本中の基本だけを楽しく覚えよう」という趣旨で企画。

カズレーザーは「この動画を見ただけでは、100点は取れません! ただこれだけおさえておけばいつもよりちょっとだけ良い点数がとれる。要点だけ、点数をとるためだけに作った動画です」と狙いを語る。

ターゲットは、勉強が嫌いで苦手だが、テストではそこそこ点を取りたいという小学生、中学生、そして基本を学び直したい高校生にも。「とにかく勉強嫌いな子に見てもらいたい。分かりやすく、楽しくお伝えしていると思いますので、『勉強できないから嫌い』という人がちょっとでも興味を持って少しでも減ってくたらうれしいです」と願った。

新型コロナウイルスの感染拡大で休校期間が続き、自宅学習の一助となることも考えているそう。「“STAY HOME”の慣れない環境で、勉強する気がおきないかもしれないですが、この動画をみて勉強がちょっとでも楽になったらうれしいです」と呼びかけている。

初回は、12分弱の動画でテンポよく「世紀」「猿人・原人・新人」「打製石器・磨製石器」を“今回覚える単語”として講義したカズレーザー。撮影を終え、「普段のバラエティ番組でプレゼンするときは、出演者の方やスタッフさんがリアクションしてくれますが、この撮影のときは見えない相手に1人でしゃべるから、リズムが分からず、むちゃくちゃ難しかったです」と本音を吐露していた。

なお、この動画は、日本テレビの動画配信サービス「日テレ無料」などでも順次配信予定となっている。