タレントの草なぎ剛とユースケ・サンタマリアが出演する『なぎスケ!』(Amazon Prime Videoにて独占配信中)では、26話(14日配信)と27話(21日配信)の2週にわたって傑作選を配信する。

2018年3月に終了したテレビ朝日系バラエティ『「ぷっ」すま』で共演していた“なぎスケ”コンビによる同番組は、草なぎとユースケが大人の趣味を増やしていくべく、いろんな企画にチャレンジしていくリアル型バラエティ。毎回豪華なゲストを招き、ゲストのハマっている趣味や興味があることを一緒に挑戦しながら、“夢中になれる何か”を求めていく。

傑作選の第1弾となる26話(14日配信)では、酒井敏也、木下ほうか、東幹久、千秋らがゲスト出演した0〜9話の中から名場面を数珠つなぎで届ける。

1年9カ月ぶりの2ショットでの再会となった『なぎスケ!』の1話では、記念すべき初回トークや、番組オープニング曲を制作中に陽気に口ずさむユースケを見て大爆笑する草なぎの姿が見られる。ゲストに木下ほうかを迎え、アラフィフの3人で汗だくになりながらサバゲ―に挑戦した4〜5話では、なぎスケと切っても切れない関係性の江頭2:50が乱入するなど、時には真剣勝負を挟みながらも、相変わらずの脱力感とゆるい笑いが溢れる『なぎスケ!』らしい名場面が詰まった26話となっている。

名場面のほかに、ディレクターが泣く泣くカットした未公開映像も公開。0話の番組オープニング撮影の裏側では、なぎスケの2人がお互いの似顔絵を描くシーンも。草なぎ画伯が独特のタッチで描くユースケや、なぜかスタッフ一同大爆笑のユースケの描く筋肉質(!?)な草なぎは、傑作選でしか見られない貴重な映像だ。そのほかにも、曖昧なルール設定とはしゃぐ草なぎによってグダグダに終わった東幹久との最新野球盤対決、ドローン操縦に手こずり制御不能なドローンに狼狽するユースケの姿なども。カットに至ったゆる〜い理由も紹介している。

(C)なぎスケ!製作委員会