昨年3月に現役を引退したイチロー氏が、SMBC日興証券のWEB動画「おしえて!イチロー先生」で、「好きなことを仕事にする厳しさ」について語った。

YouTubeで1,000万再生を突破するなど、大好評だったWEB動画企画の第2弾。今回は、イチロー氏が憧れていたという「先生」になり、子どもから大人までの様々な質問に答えた。

その中で、ある少年が「僕は寿司屋を開きたいという夢があって。お寿司が好きで、そもそも飲食店みたいなのを開きたいので、寿司屋を開きたいという夢につながりました」と将来の夢を話すと、イチロー氏は「これはね、今すごく面白い話だったんだけど」と笑顔を見せ、「つまりプロになるということだよね、それは。職業だからね。お寿司が大好きだったのが自分の仕事になると、大変なことがほとんどで。心から楽しめなくなるという現象が起きる」と分析。

「それを受けとめて頑張っていくことができるかどうかは、今やっていることが好きであるかどうかがポイントになる」と指摘し、「例えば、僕は野球をプロとしてやってきたけども、小学生や中学生の時にやっていた野球とは全く違って。そういう楽しさはゼロだった。ゼロです。プロになるとやっぱり責任がついて回るので」と経験則を伝える。

一方で、「うまくいった時の気持ち良さはもう言葉では表現できない、口ではもう説明できないような快感がある」とその魅力にも触れるイチロー氏。「でも基本的には失敗と常に向き合う時間になるので、すごく大変なこと。だから、『もう一度、同じ人生で野球選手になりたいか』と僕は聞かれたら、はっきりと『やりたい』ということはできない」と胸の内を明かし、寿司店オープンを夢見る少年に、「というのがプロの世界だということは知っておいてもらいたい」と激励の言葉を贈っていた。

SMBC日興証券の公式YouTubeチャンネルでは、計27本の「おしえて!イチロー先生」をアップ。イチロー氏の名言の数々が、第1弾に続いて話題を呼んでいる。