2020年7月からの放送開始が予定されているTVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』と、パ・リーグ6球団(北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークス)とのコラボが決定。『炎炎ノ消防隊 6球団火消作戦』がスタートする。

野球でピンチの際に登場する選手を「火消し役」と呼ぶことから、特殊消防隊の活躍を描く本作とのコラボレーションが実現。今回のコラボでは、キャラクターが各球団のユニフォームを着た描き下ろしイラストが発表された。

イラストでは、森羅日下部が埼玉西武ライオンズ、アーサー・ボイルが千葉ロッテマリーンズ、秋樽桜備が東北楽天ゴールデンイーグルス、武久火縄が福岡ソフトバンクホークス、茉希尾瀬が北海道日本ハムファイターズ、アイリスがオリックス・バファローズのユニフォームをそれぞれ着用している。

また、各球団と“炎炎ノ消防隊”のオリジナルグッズの発売のほか、球場でのイベントを調整中。さらに、「火消し役」をキーワードに、ピンチのときに活躍する選手を中心とした「パ・リーグ火消しプレー集」もリーグ公式動画配信サービス「パーソル パ・リーグ TV」で公開の予定となっている。

TVアニメ『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』は、2020年7月よりりMBS・TBS・BS-TBSほか全20局にて順次放送開始予定。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課